【鹿島】レオ・シルバ逆転ゴール…かと思われたが広州のスーパーブロックに阻まれる。初のアジア連覇の夢は潰える

シュートを放つ鹿島のレオ・シルバ。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

準決勝は、浦和対広州恒大、アル・サッド対アル・ヒラルに。

[ACL 準々決勝 2-nd]  鹿島 1-1 広州恒大 /2019年9月18日/カシマサッカースタジアム
※2試合トータル1-1で、アウェーゴールルールにより広州恒大がベスト4進出

 アジアチャンピオンズリーグ( ACL )準々決勝第2戦(セカンド・レグ)、鹿島アントラーズは広州恒大に1-1で引き分け、2試合トータルスコア1-1、アウェーゴールルール(鹿島ゼロ、広州恒大1点)により敗退が決定した。鹿島の史上初のアジア連覇の夢はここで潰えた。

 立ち上がりから両者ともにアグレッシブに仕掛け合う展開に。迎えた40分、CKからライナー性の強烈なキックに、タリスカがヘッドで合わせて、アウェーチームが先制に成功する。

 これで鹿島は最低2ゴールを奪う「逆転勝利」が、勝ち上がる唯一の条件に。

 すると後半、攻撃のリズムのテンポを上げて、果敢にゴールへ迫る。すると50分、ペナルティエリアの左サイドに持ち込んだレオ・シルバが、一瞬の隙を突いて右足を振り抜く。するとボールがセルジーニョの体に当たってコースが変わり、ゴールネットを揺らす。速報の記録ではセルジーニョのゴールで、鹿島が同点に追い付く。

 これで勢いを付けたホームチームは広州ゴールにさらに迫る。相馬勇紀、上田綺世、山口一真と、攻撃的なカードを切っていく。だがセルジーニョのシュートがクロスバーを叩くなどチャンスは作るものの、ゴールを割れない。

 そしてラストプレー。レオ・シルバが渾身のドリブルでゴール前へ抜ける。逆転か――と思われたシュートは、広州恒大のスーパーブロックに阻まれ、ここで試合終了に。

 準決勝はアル・ヒラル対アル・サッド、浦和レッズ対広州恒大に決まった。クラブワールドカップ開催国代表でもあるアル・サッドが決勝に勝ち進んだ場合、浦和か広州恒大の勝者が、クラブワールドカップのアジア代表権を獲得する。

 鹿島のメンバーは次の通り。

▼鹿島アントラーズ
KASHIMA ANTLERS

▼先発
GK
1 クォン・スンテ
DF
37 小泉 慶
39 犬飼智也
5 チョン・スンヒョン
28 町田浩樹
MF
30 名古新太郎
(69分→47 相馬勇紀)
4 レオ・シルバ
18  セルジーニョ
6 永木亮太
(81分→19 山口一真)
FW
8 土居聖真
15 伊藤 翔 
(72分→36 上田綺世)

▽控え
GK
21 曽ケ端準
DF
2 内田篤人
26 小池裕太
33 関川郁万

▽監督
大岩 剛

関連記事:劣勢の跳ね返し方。内田篤人が強調した引いたらダメ「例えば満男さんは上手くいかないと分かっていても」

[文:サカノワ編集グループ]

Topics:Asia AFC Champions League 2019 ; Kashima Antlers – Guangzhou Evergrande FC.

Ads

Ads