【ACL鹿島】4冠の夢潰えた主将内田篤人「今日はそれができなかった」と受け止めた現実

鹿島の内田篤人。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

力を出し切った選手たち。「仕方ないよ」と言った背景とは――。

[ACL 準々決勝 2-nd]  鹿島 1-1 広州恒大 /2019年9月18日/カシマサッカースタジアム
※2試合トータル1-1で、アウェーゴールルールにより広州恒大がベスト4進出

 アジアチャンピオンズリーグ( ACL )準々決勝第2戦(セカンド・レグ)、鹿島アントラーズは広州恒大と1-1で引き分け、2試合トータルスコア1-1、アウェーゴールルール(鹿島ゼロ、広州恒大1点)によりベスト8での敗退が決定した。

 キャプテンの内田篤人はベンチ入りしたものの出場機会を得らなかった。試合後、鹿島の背番号2はメディア対応に現れると、厳しい表情で試合を振り返った。

「負ける時はきっと、こんなもの、だと思います。一歩届かない、セットプレーでやられる、と。剛さん(大岩監督)もセットプレーが鍵になるので注意しようという話をしていました。向こうの大きな選手に、ウチの大きな選手がマークに付いていてやられたのだから、ある意味、仕方ない。ミスマッチでやられたのではないのだから」

 中国リーグ首位を走る広州恒大は、やはりここまで勝ち上がってきただけある力のあるチームだった。ただ、そのなかで鹿島も勝機を見出していったが、それを手繰り寄せることができなかった。

「いいチームだった。体のガッチリした選手が多く、質の高い助っ人の選手がバランスよく各ポジションに揃い、ビルドアップから崩してきていた。ただ、勝負は『今日は行けそうだな』という相手もいれば、『いいチームなんだけれど、試合になったら分からないぞ』という相手もいる。僕たちは、それで勝ってきたチーム。上手く行かないゲームでも、その流れをこっちに持ってきて勝ってきたチーム。今日はそれができなかった」

 相手との駆け引きをするなかで勝機を見出し、そこを突破口に可能性を高め、しっかり勝利を掴む。それが鹿島だ。しかし、今回は相手にそれをやられてしまった。

「僕は試合に出ていないから、あまり(試合に関して)言うことはない。ただ、グラウンドの選手たちは本当に闘っていた。だから、これを次にどう生かすのか。『4冠』と言ってやってきて、これで一つ道が終わってしまった。今までいいリズムで来ていたのを、これで手放してしまうのか。それは違うと思う。こういう苦しい時こそ。やっぱり俺とかヤス(遠藤康)とか、そういう選手がチームに道筋を示さないと。それが俺らの役割だと思う」

 むしろ、ここからがスタートだ。アジア連覇への道が途絶えたとはいえ、まだまだ過密日程が続くなか、チームはこのあと貴重な2連休のオフに入る。ただ、内田はオフ返上でトレーニングをする。鹿島があと3つのタイトルを獲るために。

関連記事:劣勢の跳ね返し方。内田篤人が強調した引いたらダメ「例えば満男さんは上手くいかないと分かっていても」

[文:サカノワ編集グループ]

Topics:Asia AFC Champions League 2019 ; Kashima Antlers – Guangzhou Evergrande FC.Captain Atuto Uchida looks back on the game.

Ads

Ads