【ACL浦和】関根スーパーゴール!幻のゴールに救われる「最高の雰囲気が後押ししてくれた」広州恒大に2-0先勝

浦和の関根貴大。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

価値ある無失点。アウェーでの第2戦は10月23日。

[ACL準決勝 1st ] 浦和 2-0 広州恒大/2019年10月2日19:30/埼玉スタジアム2〇〇2

 アジアチャンピオンズリーグ( ACL )準決勝・第1戦(ファーストレグ)の浦和レッズ対広州恒大戦、浦和がファブリシオと関根貴大のゴールで2-0の勝利を収めた。相手のアウェーゴールを「ゼロ」に抑えての快勝。第2戦は10月23日の水曜日、広州で行われる。

 浦和は、直前のサガン鳥栖戦(△3-3)を欠場した興梠慎三が満を持して先発復帰。高い位置からプレスをかけながらコンパクトに陣形を保ち、ウイングバックの関根貴大と橋岡大樹の推進力を活用。そこにシャドーのファブリシオと長澤和輝が絡み、連動し合った攻撃を見せる。

 19分、左サイドでボールを収めた関根がパス。それを受けたファブリシオが振り向きざま、ペナルティエリアの外から右足を一閃! 鋭い弾道で広州恒大ゴールを揺らし、ホームチームが先制に成功する。

 さらに75分、ゴール前の混戦からセカンドボールがこぼれる。すると関根がしっかりミート。地を這うような鋭いショットがゴールネットを突き刺し、浦和に2点目をもたらす。

 試合終了間際にはウェイ・シーハオに浦和のゴールネットを揺らされる。しかし、主審と副審が協議した結果、オフサイドでゴールは取り消しになり救われる。

 試合はそのまま浦和が逃げ切り、2-0で快勝を収めた。

 関根は試合後のフラッシュインタビューで次のように語った。

「気持ちで押し込んだゴールでした。(サポーターに向けて)最高の雰囲気を作ってくれたなか、勝利を届けられて良かったです。この後押しがなければ僕のゴールはなかったです。感謝しています。もっとゴールを取れるように頑張ります」

 広州恒大との準決勝第2戦は10月23日、現地時間20時(日本時間21時)から広州天河体育中心で行われる。

 決勝は11月9日にアウェー、24日にホームで行われる。西地区の準決勝第1試合は、サウジアラビアのアル・ヒラルが4-1でカタールのアル・サッドにアウェーで勝利を収めている。

関連記事:橋岡大樹&関根貴大、浦和の新たな翼になれ!

[文:サカノワ編集グループ]

ファブリシオが鮮烈弾!写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

Ads

Ads