日本代表復帰か!乾貴士が3戦連続フル出場、決定的なシュートを放つもののエイバルはスコアレスドロー

エイバルの乾貴士(中央)。※ツイッターのエイバル公式アカウントより

好調なレバンテから勝点1を獲得。初勝利はお預け。

[スペイン1部 5節] レバンテ 0-0 エイバル/2019年9月21日/エスタディオ・シウダ・デ・バレンシア

 SDエイバルのMF乾貴士がレバンテUD戦、スペイン1部リーグ(ラ・リーガ)で3試合連続となる先発フル出場を果たした。惜しいシュートを放つなどゴール前のチャンスに絡んだものの、試合はスコアレスで引き分けた。

 乾は4-2-3-1の左サイドハーフで出場。前半はボール支配率では相手に上回られたエイバルだが、シュート数では8本対4本と多く放つなど、アウェーでも積極的に仕掛ける。それでもなかなか崩し切れず、スコアレスで前半を折り返すと、後半は消耗戦に。そのなかで乾は高いテクニックを発揮して、決定的なシュートを放つなど、レバンテゴールに迫ったが、ゴールを割ることはできなかった。

 結局試合は、0-0のまま終了に。エイバルは0勝2分3敗(4得点・7失点)で20チーム中19位のまま。苦しい状況が続いているが、今後につながる勝点1になったはずだ。

 エイバルは次節、現地時間9月26日にセビージャFCと対戦する。

 一方、2勝1分2敗のレバンテは、9月24日にレアル・ベティスと戦う。

 乾は再び調子を取り戻しており、10月にカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選のモンゴル戦、タジキスタン戦に臨む日本代表への復帰の期待もかかる。

関連記事:乾貴士が記者会見。会長が明かすエイバル自慢「ネガティブな出来事からポジティブを見つける」

[文:サカノワ編集グループ]

Topics:Takashi INUI of SD Eibar played full for three games in a row.

Ads

Ads