激昂騒動は終結に。ポルトガルTV局「その抱擁が中島を許したことを意味する」

ポルトのコンセイソン監督と試合後に抱擁をかわす中島翔哉。

ポルトが逃げ切りに成功。コンセイソン監督が中島とハグをかわす。

[ポルトガル1部 6節]  ポルト 2-0 サンタ・クララ /2019年9月22日/エスタディオ・ド・ドラゴン

 FCポルトの日本代表MF中島翔哉がCDサンタ・クララ戦の67分、最初の交代カードで投入され、2-0の勝利に貢献した。5節のポルティモネンセ戦(〇3-2)の試合直後の”激昂騒動”でポルトガルの国内外で話題を集めたポルトのセルジオ・コンセイソン監督と中島だが、試合後、指揮官は真っ先に中島のもとに来てハグを交わした。

 ポルトガルのTV局『tvi24』はこのほど公式ニュースサイトで、「最後の抱擁が中島を許したことを証明」と題したレポートを掲載した。

「試合後のコンセイソン監督と中島のハグは、ファンにとって忘れられないシーンになった」

 そのように書き出した記事では、同テレビ局の解説者ルイ・ペドロ氏が中島のプレーについても言及。「ポルトのなかで、彼のようにインテリジェンスをもたらすプレーヤーは限られている」と称賛したという。

 そして記事では、次のように締めくくっている。

「この日本人選手は今回、コンセイソン監督の要求に応えた。試合終了後の抱擁は、彼らの間ですべてが解決したことを意味している。指揮官はシーズン終盤まで、このアタッカーを頼りにするはずだ」

 ポルティモネンセ戦と似たポルトの2点リードで迎えたなかでの背番号10の投入。今回、中島は攻撃に変化を加えるとともに、プレッシングを怠らず守備面でも貢献(アディショナルタイムにはやや不可解な判定でイエローカードをもらった)。チームは逃げ切り2-0の勝利を掴んだ。

 リーグ5連勝を果たしたポルトは、9月25日に国内カップ戦で再びサンタ・クララと対戦する。連戦が続いており、中島の先発起用もあり得る。

関連記事:何があった…ポルト監督が中島翔哉の腕を掴みぶち切れる「私たちだけの会話」

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads