レアルのジダン監督は久保復帰を「ヴィニシウスやロドリゴ以上に」期待している?

レアル・マドリードのジネディーヌ・ジダン監督。(C)Audi Cup 2019

スペイン老舗メディアが、オサスナ戦での殊勲の二人に「満足する」一方で――。

 スペインの老舗スポーツメディア『ドン・バロン』は9月27日、マルコス・ガルシア記者の署名記事で、レアル・マドリードのジネディーヌ・ジダン監督が「最も期待している10代の選手」について、「ヴィニシウス、ロドリゴもお気に入りだが、それ以上に久保を好んでいる」という記事を掲載した。

 レアル・マドリードはミッドウィークに組まれたスペイン1部リーグ6節のCAオサスナ戦、先発した19歳のヴィニシウス、そして途中出場した18歳のロドリゴと、二人の若きブラジル人アタッカーのゴールで勝利を収めた。チームはさまざまな批判を受けながらも、4勝2分の無敗でリーグ首位に立っている。

 記事では「ブラジル人ストライカーが最初の大きな夜を経験した。二人に9000万ユーロ(約100億円)を投じたことが間違っていなかったことを証明するような活躍ぶりだった」と、今季初ゴールを決めたヴィニシウス、そしてスペインでの初ゴールを記録したロドリゴの活躍に触れた。

 しかし、次のように続く。

「ジダン監督はブラジル人選手たちの活躍に大変満足していた。ただフランス人指揮官が白い巨人の未来に向けて最も気に入っているのは、彼らではなく久保建英であるようだ。彼がレアルに戻れば、世界的なスター選手になると信じている」

「マジョルカに移籍した久保は、すでに同世代のライバルをはるかに上回っている」

 レアルでヴィニシウスとロドリゴは結果を残した。しかし、それを上回るように久保は経験を積んでいる、ということを強調している。「ジダンはフロレンティーノ・ペレス会長に(久保が)最高の若手であると伝えている」そうで、バルセロナFCとの獲得合戦で勝って加入したマルコ・アセンシオのことを思い出すとも触れる。

 内容はコラム的となっている。ジダン監督がペレス会長に、来季の久保復帰を望んでいるという情報(噂?)は他メディアでも出ており、その「仮定」をもとに書かれた感じだ。もちろん、そういった来季の「確約」を得ている可能性も十分あり得るが。

 いずれにせよ、久保にとっても、プレシーズンともに練習し、ともに試合に臨んだライバルでもあり仲間でもあるヴィニシウスとロドリゴが先にゴールという「結果」を残したことには、大いに触発されたはず。こうして互いが高め合う存在になっていければ理想的と言えそうだ。

 マジョルカは9月29日、アウェーでデポルティーボ・アラベスと対戦する。マジョルカは1勝1分4敗(4得点・10失点)で20チーム中19位。一方、アラベスは1勝2分3敗(2得点・7失点)で17位。

関連記事:レアル移籍の久保建英。唯一の懸念は「3部リーグ」のレベル、FC東京と比べて…

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads