【G大阪】宇佐美が復帰後ホーム初ゴール!札幌に5発大勝

G大阪復帰後、パナスタでの初ゴールを決めた宇佐美貴史。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

気志團のハーフタイムショーを挟み、ゴールショー開演!

[J1 28節] G大阪 5-0 札幌/2019年10月4日/パナソニックスタジアム吹田

 ガンバ大阪が北海道コンサドーレ札幌戦、倉田秋、宇佐美貴史、アデミウソン、藤春廣輝、渡邉千真のゴールで5-0の大勝を収めた。

 立ち上がりからホームチームが主導権を握り、前半はシュート8本対2本と一方的に攻めた。しかしアデミウソンがPKを外してしまうなど、札幌のゴールネットを揺らすことができない。

 しかし気志團のハーフタイムショーを挟んで迎えた後半、G大阪のゴールショーが幕開けする。

 57分、ボール奪取から敵陣を攻略し、最後は倉田がシュートを流し込んで先制する。さらに61分、相手DFふたりを抜くドリブル突破から宇佐美が右足で技ありの一発。さらに70分にアデミウソン、88分に藤春、90+3分に渡邉とアグレッシブさを貫いて攻め続けて、今季最多の5ゴールを奪取。パナスタをホームにして、初めて札幌から勝利を収めた。

【関連記事】
・曺監督のパワハラ報告書。選手から生々しい「死んだ方が楽」「一緒にやるのは無理」などの声

・流れを変えた遠藤保仁が語るG大阪の課題「能力の高い選手を生かし切れていない」

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads