久保建英が5位。1位は? レアルのレンタル組「最新市場価格」ランキング

久保建英。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

スペイン『アス』紙が更新。久保は急上昇。

 スペイン1部リーグ(ラ・リーガ)のレアル・マドリードからは、2019-2020シーズン、これまでRCDマジョルカの日本代表MF久保建英ら実に計13人が期限付き(レンタル)移籍をしている。スペイン紙『アス』はこのほど、最新の移籍市場価格のランキングを伝えた。シーズン開幕後、9月に続いての更新。

 順位は次の通り。

▼レアル・マドリードから期限付き移籍選手の「市場価格ランキング」
▽10月4日更新
※市場価格の横の矢印は前回9月からの増減
「↑」UP 「→」変わらず

◎1位
ダニ・セバージョス
↑4500万ユーロ/約54億円
(MF/23歳/アーセナルFC)

◎2位
アクラフ・ハキミ
→3000万ユーロ/約36億円
(DF/20歳/ボルシア・ドルトムント)

◎3位
セルヒオ・レギロン
↑2200万ユーロ/約26億4000万円
(DF/22歳/セビージャFC)

◎4位
マルティン・ウーデゴール
↑2000万ユーロ/約24億円
(FW/20歳/レアル・ソシエダード)

◎5位タイ
久保建英
↑1000万ユーロ/約12億円
(MF/18歳/RCDマジョルカ)

◎5位タイ
オスカル・ロドリゲス
→1000万ユーロ/約12億円
(MF/21歳/CDレガネス)

◎5位タイ
ヘスス・バレホ
→1000万ユーロ/約12億円
(DF/22歳/ウォルヴァーハンプトン)

◎8位
アンドリー・ルニン 
→750万ユーロ/約8億9000万円
(GK/20歳/レアル・バリャドリード)

◎9位
ホルヘ・デ・フルートス
→500万ユーロ/約6億円
(FW/22歳/レアル・バリャドリード)

◎10位
ボルハ・マジョラル
→400万ユーロ/約4億8000万円
(FW/22歳/レバンテUD)

◎11位
アルベルト・ソロ
→300万ユーロ/約3億6000万円
(MF/20歳/レアル・サラゴサ)

◎12位
ハビ・サンチェス
→200万ユーロ/約2億4000万円
(DF/22歳/レアル・バリャドリード)

◎13位
ルカ・ジダン
→100万ユーロ/約1億2000万円
(GK/21歳/ラシン・サンタンデール)

──・──・──・──

 久保はマジョルカでスペインデビューを果たし、さらに日本代表でのキャップ数をコンスタントに増やしていることで査定も上がり、この1か月で、市場価格は200万ユーロから1000万ユーロへと「5倍」上がった。さらに上がっていきそうだ。

 レアル・マドリードからのレンタル組の中では、「ビッグクラブ」でプレーするアーセナルのMFダニ・セバージョス(22歳)、ボルシア・ドルトムントのDFアクラフ・ハキミ(20歳、モロッコ代表)が、さらに評価を高めている。

 また、これまで7試合2得点・2アシストの活躍を見せ、スペインリーグのシーズン序盤の最注目選手の一人となったノルウェー代表FWマルティン・ウーデゴール(20歳)は、前回より200万ユーロ増え、久保の倍の2000万ユーロとなっている。

関連記事:SNS就活の本田圭佑に意外な展開!「ラブコール」が地球の裏側から届く

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads