【日本代表スタメン決定&展望】国内組唯一の永井謙佑、抜擢の伊東純也がモンゴルを崩す!久保建英、堂安律はベンチ

(C)SAKANOWA

橋本拳人に代わって遠藤航がボランチに入る。

[カタールW杯 アジア2次予選 F組2節] 日本 – モンゴル/2019年10月10日19:35/埼玉スタジアム2〇〇2

 カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選のグループF・2節、日本代表対モンゴル代表のスターティングメンバーが発表された。FIFAランキングは日本が31位、モンゴルが183位。日本はこのあと、同予選2連勝中のタジキスタン代表(同115位)と15日にアウェーで対戦する。

 システムはこれまで通り、4-2-3-1が予想される。大迫勇也の欠場により焦点となっていたセンターフォワードには、永井謙佑が起用される。今回、唯一の国内組。堂安律、久保建英はベンチスタートとなっている。

 ボランチには9月シリーズの2試合で先発した橋本拳人に代わって遠藤航が入った。柴崎岳とコンビを組み、攻撃をリードする。

 森保監督は試合前日の記者会見で、次のようにメンバー構成と狙いについて語っていた。

「いろんな選択肢を考えながら、この2試合を戦っていければと思っています。ただ、まずは目の前の一戦で勝点を掴み取るため、しっかり準備して、この試合が終わってから、次のタジキスタン戦に向けて、チームと選手の状態を見て(選手起用について)考えていきたいと思います」

 そのほかは、先のUEFA欧州チャンピオンズリーグ(CL)で1得点・1アシストを記録した南野拓実、FCポルトでレギュラーの座を掴む勢いにある中島翔哉、キャプテンの吉田麻也ら不動のメンバーで固められた。

 永井、伊東ら「個」の力で、フィジカルを武器とするモンゴルの「組織」を打破できるか。今回初めて国際Aマッチで対戦するモンゴル相手に、しっかりと手堅く勝点3を狙う――。

関連記事:「久保建英ロス」カスティージャの今、ラウル監督が困っている

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads