本田圭佑がイランの歴史的な日に立ち会う。ただカンボジア代表の監督とは…

本田圭佑 写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

女性のサッカー観戦が40年ぶり解禁。試合は14-0の大差に。

[カタールW杯アジア2次予選] イラン代表 14-0 カンボジア代表/2019年10月10日/アザディ・スタジアム 

 カンボジア代表のゼネラルマネジャー(GM)として実質的な監督を務める元日本代表の本田圭佑が、イランの首都テヘランにあるアザディ・スタジアムで指揮を執った。しかし、チームは0-14と大敗を喫して、FIFA(国際サッカー連盟)ランキングでアジアトップ23位の強豪との差を痛感させられる結果となった。

 この試合、イランにとって歴史的な一戦だった。

 イスラム革命の起きた1949年以降、イランでは女性のスタジアムでのサッカー観戦は宗教上禁止されてきた。しかし先日、男装してスタジアムに入場した女性が当局に逮捕監禁され、その後、焼身自殺をしてこの状況に抗議した。

 この事態を受けて国際サッカー連盟(FIFA)はイラン・イスラムサッカー連盟に、すべての人に観戦の機会を与えるべきだと通達。今回、40年ぶりに女性の観戦が解禁された。割り当てられた約4000枚のチケットは即時売り切れたという。

 その試合に立ち会ったのが本田である。するとチャドルを身にまとうイランの女性3人と本田が自撮りで一緒に撮影する写真がSNSのツイッターでもアップされた。

https://twitter.com/camtotheyams_/status/1182289983232774145?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1182289983232774145&ref_url=http%3A%2F%2Fwww.insidethegames.biz%2Farticles%2F1085783%2Fwomen-attend-iranian-world-cup-qualifier

「ケイスケ・ホンダがカンボジアのマネジャー(監督)とは忘れていました。セルフィに丁寧に応じてくれました」などと、メッセージに記されている。

 ただし、FIFAはこれからも目を光らせて見守っていくという。今回も女性のみを一角に集める形で、しかも周囲をフェンスで囲うなど隔離された状態であり、その観戦方法には改善の余地がまだまだあるようだ。

 そうしたなか、歴史的大敗を喫してしまったカンボジア代表。チームを率いる本田は、一体、何を思うのか。カンボジア代表はこのあと10月15日、ホームでイラク代表と対戦する。FIFAランキングは、カンボジアが169位、イラクが79位。難敵が続く。

関連記事:SNS就活の本田圭佑に意外な展開!「ラブコール」が地球の裏側から届く

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads