【ルヴァン杯】鈴木武蔵、決めた!札幌がG大阪に競り勝ち初の決勝進出

札幌の鈴木武蔵。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

2戦トータル2-2、アウェーゴール数で上回る。ファイナルは10月26日、埼スタ開催。

[ルヴァン杯 準決勝 2nd] 札幌 1-0 G大阪 /2019年10月13日/札幌ドーム
※2試合トータル2-2、アウェーゴール数で札幌が決勝進出

 ルヴァンカップ準決勝・第2戦(セカンドレグ)、北海道コンサドーレ札幌が鈴木武蔵のゴールを守り切り1-0でガンバ大阪に競り勝ち、2試合トータルスコア2-2、アウェーゴール数で上回り、初の決勝進出を果たした。

 試合は両チームともにチャンスを作り合うものの、なかなかゴールを決め切れない展開が続く。そして迎えた76分、ついに均衡が破れた。

 センターライン付近でジェイからパスを受けた鈴木が、そのままペナルティエリアの右まで持ち込む。思い切って右足を振り抜くと、ボールは一直線にゴールに突き刺さった。 

 G大阪はその直後に新加入のマルケル・スサエタを投入するなど、猛反撃を試みる。

 もう一方の準決勝、鹿島アントラーズ対川崎フロンターレは、このあと19時からカシマサッカースタジアムで行われる。

 決勝は10月26日、埼玉スタジアムで行われる。13時05分キックオフ。

関連記事:鈴木武蔵が語る香川真司とのファーストコンタクト

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads