×

【U-17W杯】日本対米国をデータで振り返る。支配率56%対44%、シュート11本対8本

U-17日本代表の西川潤。(C)SAKANOWA

若月が2試合連続で先発、西川は途中出場。スコアレスで引き分け、グループ2位キープ。

[U-17W杯 GS2節] 日本 0-0 アメリカ/2019年10月30日(日本時間31日)/エスタジオ・クレーベル・アンドラージ(ブラジル)

 U-17ワールドカップ(W杯)のグループステージ第2戦、U-17日本代表がU-17アメリカ代表とスコアレスで引き分けた。オランダとの第1戦で勝利を収めている日本は勝点を「4」に伸ばして、2連勝(勝点6)のU-17セネガル代表に続いて2位につけている。

 日本はスタメン二人を入れ替えてこの一戦に臨んだ。オランダ戦で2ゴールを決めた若月大和(桐生一高)、守護神のGK鈴木彩艶(浦和ユース)らが2試合連続で先発した一方、背番号10をつけるエースの西川潤(桐光学園高)はベンチスタートに。

 前半はアメリカにチャンスを作られた日本だが、後半開始から西川を投入。すると決定的なチャンスを作り出していったが、ゴールを割ることはできず。結局0-0で引き分け、勝点1を分け合った。

 ボールポゼッション率は56パーセント対44パーセント、シュート数が11本対8本(枠内シュート3本対2本)、さらにパス数も579本対415本(パス成功率87パーセント対83パーセント)と、日本が試合の主導権を握っていたことが分かる。そうしたテンポが良い時に、いかにゴールを決めきるかが今後の課題となった。

 同グループのもう一方のカードは、U-17セネガル代表が3-1でU-1オランダ代表に勝利を収めている。

 日本はグループステージ最終戦、11月2日(同3日8:00から)にU-17セネガル代表と対戦する。日本は勝てばグループ1位突破となる。

 両チームのデータは次の通り。(FIFA公式サイト参照)      

                         日本  アメリカ
シュート       11本   8本
枠内シュート     3本  2本
枠外シュート     6本  5本
ブロックシュート  2本  1本
枠直撃シュート   0本  0本
コーナーキック  9本  3本
オフサイド    0本  1本
ボール支配率     56%  44%

パス数        579本 415本
パス成功率      87%  83%

イエローカード    0枚  1枚
レッドカード     0枚 0枚
ファウル      9回  14回

関連記事:本当?レアルがレヴァンドフスキ獲得検討。久保建英とのホットライン確立も!?

[文:サカノワ編集グループ]

Topics:FIFA U-17 World cup;Japan 0 – 0 USA.

 

Ads

Ads