マジョルカ久保「序盤の好機生かせれば180度状況が変わっていた」。フラッシュインタビューに登場

久保がマジョルカで初めて試合後のフラッシュインタビューに登場。※ラ・リーガの日本語版公式ツイッター(@LaLigaJP )より

バリャドリード戦後、スペイン語で熱く冷静に語る。

[スペイン1部 12節] バリャドリード 3-0 マジョルカ /2019年11月3日/エスタディオ・ホセ・ソリージャ

 スペイン1部リーグ(ラ・リーガ)、RCDマジョルカの日本代表MF久保建英がレアル・バリャドリード(●0-3)との試合後のフラッシュインタビューに登場した。試合に敗れたものの、久保はスペイン語で「敗北は残念、素晴らしいプレーができなかった」と悔やみつつも、「序盤のチャンスをモノにできていれば180度、状況は変わっていたと思います」と熱く冷静に語った。

 久保が応じたインタビューが、スペインリーグ(ラ・リーガ)のSNSの公式ツイッター日本語版(アカウントは @LaLigaJP )で公開された。

 5試合ぶりに先発した久保だったが、後半途中0-2でリードされた68分で交代を余儀なくされた。久保はインタビューで、次のようにバリャドリード戦を振り返った。

「僕たちは勝点を取りたかったし、勝点3を掴めればベストでしたが、二度のセットプレーからゴールを決められ、3点目も申し分のないゴラッソでした。終盤は負けていて、疑問のあるファウルにみんな少しヒートアップしたところもありました」

 また、勝機は十分あったと、そのことを前向きにも捉えていた。

「ここに来ることができて嬉しいですが、敗戦は残念で、個人的にも素晴らしいプレーができず悔しいです。序盤のチャンスを決めていれば、状況は180度変わっていたと思います」

 あと少し……。そこが噛み合えば好転しそうであるが、最も難しいところでもあると言える。久保としても、一つインパクトを残したかった。

 マジョルカはリーグ3勝2分7敗(9得点・18失点)で17位と順位は変わらず。久保はリーグ戦9試合(452分)出場1アシスト。

 次節は11月10日(日本時間20時)、ホームで8位のビジャ・レアル戦と対戦する。

関連記事:東京五輪へ本田圭佑が叫んだ!「全員、何回俺に見返されたら気が済むんか」

[文:サカノワ編集グループ]

Topics:Real Valladolid 3-0 RCD Mallorca.Takefusa Kubo appears in interview.

Ads

Ads