本田のSNS就活成功に世界が驚く「信じられない物語だ」

本田圭佑。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

東京五輪オーバーエイジ選出にも「状況は難しいが期待」。

 フリートランスファー(無所属)となっていた元日本代表の本田圭佑が11月6日、オランダ1部リーグ(エールディビジ)のフィテッセと正式契約を結び、今シーズン終了までプレーすることが決まった。33歳の本田が自らのツイッターを活用してオファーを訴える「SNS就活」で世界中から関心を引き出し、オファーの獲得に成功。この出来事に各国のメディアも驚いている。

 ポルトガルのラジオ局『アンテナ2』は、「本田の信じられない物語」と題したレポートをWEB版に掲載。本田がマンチェスター・ユナイテッド、ACミランのアカウントに自ら働きかけたことなどを紹介したうえで、次のように記している。

「日本で最も偉大な選手の一人である本田は、メルボルン・ビクトリーを退団したあと、新たなチームを見つけるため、あらゆる手段を講じた。そして多大な費用をかけるのではなく、無料で突破口を切り開いた。ソーシャルネットワークのツイッターを活用し、門戸をこじ開けることに成功した」

 そのように大胆策に目を見開く。また、本田が東京オリンピックに臨む日本代表にオーバーエイジとしての参戦を目指していることについて、状況は厳しいものの、このオランダでの活躍によってはあり得ると期待を寄せている。

 さらに、コロンビアのメディア『フートボレーテ』も、「本田圭佑はツイッターで仕事を募集し、手に入れました」と、フィテッセ入りを報じる。こちらも同様に、これまでのキャリアと今回の一連のSNSを活用した就活について紹介。そしてカンボジア代表のゼネラルマネジャーと選手、いずれも「プロフェッショナル」として仕事をすることになったと伝える。

 VVVフェンロでプレーして以来、12年ぶりにオランダのトップリーグで戦うことになった。労働許可証が下りたあと、11月の国際Aマッチ期間のあと”フィテッセデビュー”を果たす予定だ。

 今回のSNS就活もあり、再び「KEISUKE HONDA」が世界から注目を集めることになった。33歳の本田の新たな挑戦が始まる。

関連記事:東京五輪へ本田圭佑が叫んだ!「全員、何回俺に見返されたら気が済むんか」

[文:サカノワ編集グループ]

Topics:Keisuke Honda joined Vitesse! The world was surprised. 

Ads

Ads