フィテッセ本田やっと初勝利「結局、自信の問題なんですよね」

フィテッセの本田圭佑。※フィテッセ公式ツイッターより(@MijnVitesse)

試合後のメディアとの一問一答を動画で公開。「なぜ、改善できないのかなと思うところがいっぱいある」

[オランダ1部 16節]  トゥエンテ 0-3 フィテッセ /2019年12月14日/デ・フロルーシュ・フェステ

 フィテッセの元日本代表MF本田圭佑はオランダ1部リーグ(エールディビジ)のFCトゥエンテ戦でフル出場を果たし、3-0の勝利に貢献した。移籍加入後、フィテッセでようやく初の勝点3を獲得。試合後のメディアとの一問一答が、YouTubeの「Keisuke HONDAチャンネル」に公開された。

 本田は次のように勝利を振り返った。

「細かいところを見たら、チームとしても、個人としても、大きく変わったところは『勝ったところ』ぐらいかなと思っているんで。こういう時に冷静に見て、このあとのカップ戦、リーグ戦に向かわないと。

 ただ、単純にこの勝利で自信がつく選手はたくさんいるので、それはいいことですね。いい自信をつけて、いいプレーをできる傾向にかたむけば、僕も作業をしやすいと思います。結果が出せたのは良かったです。それが一番いい薬だというのは分かっていたので」

 半年ぶりの勝利の味。本田は「ホッとしたところは正直ある」と語った。

「(フィテッセでの)初戦は割とプレッシャーを感じずにやれて、2戦目はプレッシャーも増して、(レオニード・スルツキ前)監督があのような決断(辞任)を下して、そして3戦目も勝てず。個人的にはここに来てプレッシャーは意識していたので、ホッとしているのが正直なところです。

 何も結果を残さないというわけには絶対に行かないので、一喜一憂する暇はまったくない。なぜ、改善できないのかなと思うところがいっぱいあるので、そこは点が入るとできたりするので、失点するとできなくなるので、結局、自信の問題なんですよね」

 決して褒められた内容ではない。しかし、チームメイトが自信を持つことで、本田もそこを上手く生かしていきたいという。この勝利が再び上昇へと向かうためのキッカケとなるか。

 一方、トゥエンテの中村敬斗はイエローカードを受けたことも影響して前半で交代している。

 フィテッセは8勝3分6敗(29得点・24失点)で暫定6位に順位を上げている。一方、トゥエンテは5勝4分8敗(26得点・34失点)で暫定12位。

関連記事:スペインで話題に!久保がメッシにかました「ナツメグ」とは?

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads