東京五輪へ本田圭佑が叫んだ!「全員、何回俺に見返されたら気が済むんか」

ロシアW杯日本代表での本田圭佑。 写真:新井賢一/(C)Kenichi ARAI

『You Tube』の公式チャンネルで自主練の様子を公開、オーバーエイジでの選出に向けた熱い想いを語る。

 フィテッセに練習参加している無所属(フリートランスファー)の元日本代表MF本田圭佑が11月3日、『You Tube』の「Keisuke HONDA」公式チャンネルを更新して、自主トレーニングの様子を公開した。そのなかで来年の東京オリンピックでのオーバーエイジ選出と金メダル獲得を目標にし、そのために”強豪”からのオファーを待っていることを改めて訴えた。

 オーストラリアAリーグのメルボルン・ビクトリーを退団したあと、すでに5か月間無所属の状態が続いている。その本田だが次のように「ビジョン」を語る。

「ご存じの通り、2020年の東京オリンピックでプレーしたいと思っています。だから強いリーグでプレーしないといけません。来年のオリンピックの準備のために。それが私のビジョンです」

 そのうえで「オファーを待っています」と強調して、次のように続ける。

「経験上知っていますが、シーズンは長いものです。シーズン中、クォーター(4分の1)ごとに選手たちのコンディションは変わります。五輪のオーバーエイジにどうしたら選ばれるか、私は分かっています」

 そしてそのあと、本田が練習中に汗を流しながら次のように叫んだ。

「見返したろうと思っている! マジで。全員、何回俺に見返されたら気が済むんか分かっていないみたいだから」

 そのように本田節を炸裂させた。

 本田はそのあと改めて、「次の目標は、東京オリンピックです。正しい意思決定が必要です。もし急いだ決断をしてしまうと後悔をしてしまうので」と、自身の変わらぬ決意を示している。

 オランダの名門フィテッセは本田に対し、獲得の意思を示したという。果たして、本田は決断するのか? それともまだ待つのか――。本田の動向からますます目が離せない。

関連記事:本田のフィテッセ加入決定間近?カンボジア代表の課題もクリアか

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads