マジョルカ久保建英が鮮烈ミドルで初ゴール!PK獲得など全3点演出

マジョルカ久保建英がスペイン初ゴールを決めた!チームも3発!!! ※写真はマジョルカの公式ツイッターより(@RCD_Mallorca)

ビジャ・レアルのGKアセンホの牙城を破る。3-1とホームで勝利!

[スペイン1部 13節]マジョルカ 3-1 ビジャ・レアル/2019年11月10日/エスタディ・デ・ソン・モイシュ

 RCDマジョルカのMF久保建英がビジャ・レアル戦、2-1と1点差に詰め寄られて迎えた53分、ミドルレンジから左足のシュートを突き刺し、スペイン1部リーグ(ラ・リーガ)初ゴールを決めた。さらにドリブル突破から先制点につながるPKを獲得、ワンツーからもオフサイドラインを打開して2点目のPK奪取にもつなげるなど、チームの3ゴールすべてに絡む活躍を見せた。試合は3-1で、マジョルカが勝利を収めた。

 マジョルカはサルバ・セビージャの出場停止に伴い、今回4-4-2の布陣を採用。久保はFC東京時代にも慣れ親しんだ右MFで先発した。

 すると開始13分、敵陣左サイドのコーナーキックで、久保がキッカー役を担当。精度の高いキックを放つと、久保がそのこぼれ球を拾ってドリブルで仕掛け、技ありのフェイトから相手のファウルを誘発してPKを獲得した。キッカー役はラゴ・ジュニオールが担い、先制に成功した。

 さらに22分、今度は久保のワンツーからオフサイドラインのブレイクに成功。クロスをCFアンテ・プディミルが合わせ損ねたが……シュートミスをしたあとGKに足をかけられたとして、再びPKを獲得。ダニエル・ロドリゲスが決めて、1点を追加した。

 そして後半、記念すべき初ゴールが決まる。

 53分、敵陣の中央でパスを受けると、右足でボールをコントロールしたあと左足を振り抜き、ゴールネットに鮮やかに突き刺した。プロ13年目の元U-21スペイン代表GKセルヒオ・アセンホの牙城を破ってみせた。

 さらにコーナーキックなどセットプレーのキッカーも担当した久保は67分、3-1とリードしたなか、ジョセップ・セネと交代している。

 マジョルカは後半、久保の放ったシュート1本のみと劣勢を強いられたが、ホームで3-1と貴重な勝点3を獲得した。

 久保はリーガ10試合1得点・1アシスト。マジョルカは4勝2分7敗(12得点・19失点)。

関連記事:久保がマジョルカでの3か月と今後を語る「最初は気候の違いなど戸惑った」

[文:サカノワ編集グループ]

Topics:RCD Mallorca 3-1 Villarreal .Takefusa KUBO scored scored his first goal!

Ads

Ads