【日本代表│キルギス戦先発予想】CFは永井本命、ボランチは遠藤か。そろそろGKシュミットにチャンス到来!?

(C)SAKANOWA

W杯アジア2次予選、一番の関門を勝利で突破したい。

[カタールW杯 アジア2次予選 グループF 4節] キルギス – 日本/2019年11月14日17:15(日本時間20:15)/スパルタクスタジアム(ビシュケク)

 カタールワールドカップ(W杯)アジア2次予選F組の第4戦、日本代表が11月14日、アウェーでキルギス(キルギスタン)代表と対戦する。FIFAランキングは日本が28位、キルギスが94位。

 今回は欧州組9人がこのキルギス戦のあと、19日のパナソニックスタジアム吹田で行われるベネズエラ代表戦には臨まず、それぞれのクラブに戻る(ベネズエラ戦に向けて、国内組の9人が改めて招集される/下記にメンバー一覧)。

 試合当日の予想気温は10度前後と冷え込み、環境も良好とは言えず、相手はこのグループ内で日本に次ぐFIFAランキングのチームでもある。2次予選最大の関門と言っていい。逆にこの一戦で勝点3を掴めれば、最終予選進出はほぼ確実となり、今後のあらゆるプランを立てることもできる。

 堂安律や久保建英がU-22代表の活動に専念するため不在で、冨安健洋はケガで未招集になった。ただ森保一監督が「戦力ダウンはしていない」と言うように、彼らの不在はこの段階ではそこまで影響しないと見ていい。

 そうしたなか、大迫勇也不在のセンターフォワードは果たして誰が務めるのか。そしてフィットするのか。そこが最大の注目ポイントとなりそうだ。

 現実的に行けば、モンゴル戦(〇6-0)で先発してゴールも決めている永井謙佑のスタメン起用が有力だ。続くタジキスタン戦(〇3-0)での鎌田大地と南野拓実による事実上のゼロトップは、あまりに即興すぎて周囲も連動せず、この一戦で再び”試す”には不安も募る。一方、鈴木武蔵と永井の2トップも面白そうだが、実現するとすれば、このあとのベネズエラ戦か。

 右MFはモンゴル戦で3アシストと活躍した伊東純也で文句なしか。自ら仕掛けるだけでなく、クロスからチームメイトの持ち味を引き出せるのは強みだ。永井のスピードとも呼応できて、新たな攻撃のユニットとして、連動性も深めたい。

 また、ボランチは柴崎岳と遠藤航のコンビになるか。いずれも所属先では出場機会を得られずにいて、特に遠藤はこの1試合でシュツットガルトに戻ることになっており、しっかり結果を残して景気づけといきたいところだ。

 そしてGKでは、シュミット・ダニエルもこのキルギス戦のあとベルギーのシント・トロイデンに戻る。欧州組のGK陣の中でコンスタントに試合に出ている唯一の選手でもあり、そろそろ……チャンスが来るか。

 日本代表のスタッフとメンバーは次の通り。

▽印は、キルギス戦のあと離脱。
▲印は、16日から合流、ベネズエラ戦に臨む。

▽スタッフ 
監督:森保  一
コーチ:齊藤俊秀
フィジカルコーチ:松本良一
GKコーチ:下田 崇

◎選手 
GK
川島 永嗣 (RCストラスブール/フランス)
権田 修一 (ポルティモネンセSC/ポルトガル) 
▽シュミット・ダニエル(シントトロイデンVV/ベルギー) 
▲中村航輔(柏レイソル)

DF
▽長友 佑都(ガラタサライSK/トルコ) 
▽吉田 麻也(サウサンプトン/イングランド)
佐々木翔(サンフレッチェ広島)
▽酒井 宏樹(オリンピック・マルセイユ/フランス)
▲車屋紳太郎(川崎フロンターレ)
▲三浦弦太(ガンバ大阪)
室屋 成(FC東京) 
植田 直通 (セルクル・ブルージュKSV/ベルギー) 
▽安西 幸輝 (ポルティモネンセSC/ポルトガル)
畠中 槙之輔 (横浜F・マリノス) 
▲進藤亮佑(北海道コンサドーレ札幌)
▲荒木隼人(サンフレッチェ広島)

MF
山口 蛍(ヴィッセル神戸)
原口 元気(ハノーファー96/ドイツ)
柴崎 岳(デポルティボ・ラ・コルーニャ/スペイン)
▲大島僚太(川崎フロンターレ)
▽遠藤 航(VfBシュツットガルト/ドイツ) 
▽伊東 純也(KRCヘンク/ベルギー)
橋本 拳人(FC東京)
中島 翔哉(FCポルト/ポルトガル)
浅野拓磨(パルチザン・ベオグラード/セルビア)
▽南野 拓実(ザルツブルク/オーストリア) 
▽鎌田 大地(アイントラハト・フランクフルト/ドイツ)
▲古橋亨梧(ヴィッセル神戸)
▲井手口陽介(ガンバ大阪)

FW
永井 謙佑(FC東京) 
鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)
▲オナイウ阿道(大分トリニータ)

関連記事:本田が明かす底力の源「僕はアンチの人を本当にリスペクトしている」

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads