本田圭佑が訴える自分自身への投資論「方法論」より「モノサシ」に

本田圭佑。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

「どんなに素晴らしい方法論でも…」持論を展開。

 オランダ1部リーグ(エールディビジ)のフィテッセに加入した元日本代表の本田圭佑が11月14日、SNSのツイッター( アカウントは @kskgroup2017 )を更新して、自分自身への「投資」についての持論を展開した。

 本田は次のようにメッセージを発信した。

⁦自分のモノサシ作りに時間もお金も投資した方がいいですよ。

方法論じゃないです。

どんなに素晴らしい方法でも、基準や意識が低けりゃ意味ない。

#ほとんどの人は方法論に投資する

 どこまでできるのか、どこまでやれるのか。体験から得られる「モノサシ作り」にこそ、どんどん投資すべきではないかと語っている。その突き進んでいくなかで経験はもちろん、仲間や友人など人との出会いを含め、得られるものも多い。

 この国際Aマッチ期間、本田はカンボジア代表の実質的な監督(肩書はゼネラルマネジャー)として、11月14日にモンゴル代表との親善試合、そして19日にアウェーでカタール・ワールドカップ(W杯)2次予選の香港代表と対戦する。

 加入の決定したフィテッセでは、この国際Aマッチによるリーグ中断期間にオランダでの労働許可証が下りる予定である。早ければ中断明けの11月24日(日本時間25日0時45分)から行われるスパルタ・ロッテルダム戦で”フィテッセデビュー”となる。ホームデビュー戦は12月8日(日本時間同20時15分)のフェイエノールト戦だ。

 フィテッセはこれまで7勝2分4敗(24得点・19失点)の勝点23で5位。開幕から好調をキープしていたが、最近はリーグ3連敗を喫している。

 CSKAモスクワ時代に本田とともに戦ったレオニード・スルツキ監督のもと、本田が救世主になれるか――。本田自身もまた新たなモノサシを手に入れようとしている。

[文:サカノワ編集グループ]

Topics:Keisuke HONDA tweet about investment theory.

Ads

Ads