【柏】J1昇格決定弾の瀬川が語るネルシーニョ効果「迷わず戦えた」

J2優勝を果たし歓喜する柏の瀬川祐輔。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

対戦相手に応じ、ゾーンに分けての守備対策を徹底。昨季の弱点が「武器になった」。

[J2 41節] 町田 0-3 柏/2019年11月16日/町田市立陸上競技場

 柏レイソルの瀬川祐輔がFC町田ゼルビア戦の開始早々、鮮やかなミドルショットを突き刺し、この1点が「J1昇格決定弾」となった。チームは3-0の快勝を収めて、1年でのJ1復帰とJ2優勝を果たした。

 開始2分、敵陣右サイドで得たFKのチャンス。マテウス・サヴィオのキックが弾かれてペナルティエリアの外にこぼれる。すると後方にいた瀬川がそこに反応、躊躇わずに右足を振り抜いた。

 地を這うショットはゴールキーパーのブラインドとなる。そしてチームの勢いを象徴するように、鋭く鮮やかにゴールネットに突き刺さった。

 これまで中村航輔の40試合に次ぐ、フィールドプレーヤーではチーム1位となる39試合に出場し、これまで7ゴールを記録している。加入2年目、ネルシーニョ監督のもと、ハードワークによる献身性の高さと勝負どころを見逃さない思い切ったアタックを、いかんなく発揮して、チームを時に支え、時にけん引してきた。

 そして今回、その成果を一つ形に残すことに成功した。

「ホッとしています。自分のゴールで勝てたことも嬉しく思っています。右足で打つことは決めていて、ふかさないことだけを考えていました。ファーサイドしかコースがなく、そこを狙っていきました。とにかく、ファーへふかさないようにと意識しました」

 瀬川は安堵と喜びの笑顔を浮かべた。

 2014シーズン以来、5年ぶりに柏に復帰したネルシーニョ監督によって、柏の18番は特長を引き出された。もちろん、その指導を受けるのは瀬川は初めて。指揮官のコンセプトであり、練習からの取り組みであり……そういったことが瀬川の持ち味とも合致し、さらなる進化を遂げることができた。

「ピッチをゾーンごとに分けての守備の仕方について、毎試合前のミーティングで、映像を使ってしてもらっています。守備のやり方を含め、そういったところで叩き込ます。

 そうして選手たちが迷いなくやれるように、準備してくれていました。そこは昨シーズンから変わったところかなと感じます。

 やはり、守備がしっかりしているチームが上位に来ますし、昨季のレイソルは失点が多く(リーグワースト4位タイの54失点)、その足りなかった部分が今年はむしろ武器になっている。それはすごくいいことだと思います」

 そのように瀬川は17位で降格したJ1での昨季との比較を語っていた。

「(来季のJ1での戦いについて)今のままだとJ1で優勝できるかといったら、まだ断言できない部分もあります。それを課題として来シーズン、始動からしっかりやります。J1で優勝するためのチーム作りを監督もしてくると思うので、ネルシーニョ監督に付いていくだけです」

「(最終節は)まずあと1試合あります。プレーオフを懸けて戦ってくる京都にしっかり勝って、J1に向かいます」

 明治大を卒業したあと、ザスパクサツ群馬、大宮アルディージャ、そして柏と歩んできた25歳のアタッカーが2020シーズン、三度目のJ1に挑む。地力は付いたはず。飛躍の1年にしたい。

関連記事:【栗澤僚一インタビュー・マイベスト】最強の対戦相手はネイマールとガンソ。日本人では?

[取材・文:塚越始]

Ads

Ads