【U-22日本代表】3-4-2-1機能せず。久保、堂安、三好のトリプルレフティが後半実現

攻め込む日本の久保建英。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

コロンビア相手に0-2敗戦。小川がポスト直撃弾を放ったが…。

[キリンC杯]U-22日本代表 0-2 U-22コロンビア代表/2019年11月17日/エディオンスタジアム広島

 東京オリンピックを目指すU-22日本代表がキリンチャレンジカップでU-22コロンビア代表と対戦し、0-2で敗れた。日本は80分に小川航基がポスト直撃のシュートを放ったほかには、なかなかチャンスを作れず。東京五輪に向けた「最強メンバー」の初陣は厳しい船出となった。

 日本代表(A代表)と兼任する森保一監督のもと、3-4-2-1の布陣を採用。センターフォワードの上田綺世のもと、久保建英、堂安律がシャドーに入った。

 しかし最前線にボールが収まらず、3バック布陣がなかなか機能しない。一方、身体能力とテクニックの高いコロンビアに苦しみ、後半開始早々に失点を喫してしまう。さらに59分、再び日本の最終ラインが攻略されて、2点目を献上してしまう。

 日本は小川航基、原輝綺、三好康児らを投入。4-2-3-1に布陣を変更して、2列目に久保、堂安、三好のレフティ3人が並ぶ布陣が実現する(久保がやや前目)。

 そこから息を吹き返した日本は、80分、小川がポスト直撃のシュートを放つ。さらに終盤には食野亮太郎、前田大然を投入して猛攻を仕掛けた。しかし日本の決定的チャンスは限られて、ホームでの注目を集めた一戦を0-2で落とした。

 ブラジル戦で勝利を収めた杉岡大暉(湘南)、橋岡大樹の両ウイングバックとボランチの田中碧(川崎)が不在だったこともあるが、今回はセンターフォワードの役割、前線とシャドーの関係性など、3-4-2-1布陣の基本コンセプトがしっかりと浸透していない印象を受けた。残り9か月、この布陣をメインで戦うのか、オーバーエイジ招集も考えると、日本代表が採用する4-2-3-1布陣を主戦場にするのか。そのあたりは森保監督に判断が求められそうだ。

 U-22日本代表のメンバーは次の通り。

ポジション
背番号 名前(所属)

▽先発&交代
▼GK

1 大迫敬介(広島)
▼DF
4 板倉 滉(フローニンゲン/オランダ)
16 岩田智輝(大分)
[62分→10 三好康児(アントワープ/ベルギー)]
2 立田悠悟(清水)
▼MF
3 中山雄太(ズヴォレ/オランダ)
8 田中駿汰(大阪体育大)
[88分→13 前田大然(マリティモ/ポルトガル)]

7 堂安 律(PSV)
[84分→11 食野亮太郎(ハーツ/スコットランド)]
5 菅 大輝(札幌)
[62分→14 原 輝綺(鳥栖)]

22 菅原由勢(AZ/オランダ)
17 久保建英(マジョルカ/スペイン)
▼FW
18 上田綺世(鹿島)
[HT → 小川航基(水戸)]

▽控え
▼GK
12 谷 晃生(G大阪)
▼DF
6 長沼洋一(愛媛FC)
15 瀬古歩夢(C大阪)
▼MF
19  鈴木冬一(湘南)
20 高 宇洋(山口)
21 橋岡大樹(浦和)

関連記事:久保の「市場価格」8億円アップ!レアルのレンタル移籍組ランキング

Ads

Ads