【U-22日本代表】血液型ランキング。久保らA型に技巧派、O型に献身性高い選手が多い?

コロンビア戦に先発したU-22日本代表のメンバー。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

B型、AB型を含めて満遍なく選出。

[キリンC杯]U-22日本代表 0-2 U-22コロンビア代表/2019年11月17日/エディオンスタジアム広島

 そこに深い意味があるわけではないものの、やはり少し気になる血液型――。今回、キリンチャレンジカップのU-22コロンビア代表戦に臨んだU-22日本代表の22選手の血液型をチェックしてみた。その内訳は、A型が8人、O型が6人、B型が5人、AB型が2人、不明1人(瀬古歩夢)と、比較的満遍なく選ばれていた。

 一方、それぞれの選手を見ると、偶然とも言えるかもしれないが、興味深い傾向も見えてくる。

 今回ゴールキーパーの大迫と谷、またDFとしてフル出場した立田、菅原はO型だった。日本代表のキャプテンを務める吉田麻也もO型だが、チームへの献身性が高く、盛り上げていけるタイプ(特に守備者)の選手が比較的多い印象を受ける。

 一方、堂安、久保、三好のレフティトリオ、さらには鈴木と、技巧派タイプがA型に多かった。上田を含め、瞬発的なアイデアを武器にする選手が揃っている感じだ。

 また、ワールドカップの日本代表メンバーでは、これまで4大会連続最下位(3位タイを含め)であるB型だが、2位のO型とは”一人”差の5人が選出。さらに日本代表では最近、選出ゼロが続くAB型も、菅と高の二人が選ばれている。この中から東京五輪のさらに先、2022年のカタールまで辿り着ける選手は出てくるか。いずれも個の特長がはっきりしている選手でもあり注目していきたい。

 U-22日本代表の血液型の内訳とランキングは次の通り。

1位:A型 8人
久保建英(マジョルカ/スペイン)・堂安 律(PSV)・板倉 滉(フローニンゲン/オランダ)・三好康児(アントワープ/ベルギー)・田中駿汰(大阪体育大)・上田綺世(鹿島)・長沼洋一(愛媛FC)・鈴木冬一(湘南)

2位:O型 6人
大迫敬介(広島)・谷 晃生(G大阪)・立田悠悟(清水)・食野亮太郎(ハーツ/スコットランド)・菅原由勢(AZ/オランダ)・小川航基(水戸)

3位:B型 5人
中山雄太(ズヴォレ/オランダ)・前田大然(マリティモ/ポルトガル)・原 輝綺(鳥栖)・岩田智輝(大分)・橋岡大樹(浦和)

4位:AB型 2人
菅 大輝(札幌)・高 宇洋(山口)

不明:瀬古歩夢(C大阪)

関連記事:久保の「市場価格」8億円アップ!レアルのレンタル移籍組ランキング

Ads

Ads