【日本代表】4バック起用明言の森保監督。しかし相次ぐシステムの質問に…

日本代表の森保一監督。(C)SAKANOWA

ベネズエラ戦へ抱負。「選手に伝えているのは局面でどうするか」

[キリンC杯] 日本 – ベネズエラ/2019年11月19日19:25/パナソニックスタジアム吹田

 キリンチャレンジカップ(親善試合)の日本代表対ベネズエラ代表戦前日の11月18日、日本の森保一監督が記者会見を行い、南米の強豪との一戦に向けて抱負を語った。FIFAランキングは日本が28位、ベネズエラが26位。ベネズエラは来年3月にワールドカップの南米予選がスタートする。

 日本代表は中4日でこの大阪での一戦に臨む。欧州組の9人はすでに離脱してそれぞれのクラブに戻り、一方、初招集組を含め国内組の9人が新たに加わる。

 森保監督はベネズエラ戦での選手起用について、次のように語った。

「キルギス戦を戦った選手を軸に考えています。ただしキルギスからの長距離移動をしたことで、かなり疲労も蓄積している中での戦いになります。練習でのコンディションを見て、明日のメンバー選考につなげます」

 そして、システムについては「4バックでスタートする」と明言した。

「(システムは?)まず4バックでスタートしようと考えています。そこから試合途中で変化をつけることはあり得ます。ただ、今日の練習で、もしかすると(3バックなど)気が変わるかもしれませんが、その際はお許し下さい(笑)」

 ただ、そのあと「システム」に関する質問が続くと、指揮官はそこが重要でないと強調した。

「システムでいえば4バック、3バックで試合中に変化をつけて対応することも考えていきます。ただシステムだけに捉われず、4バックでもサイドのプレーヤーが下がったり、あるいは高い位置を取ったり、対応できると思います。選手たちが考えてやってくれることに加え、ベンチからも選手の立ち位置を指示したりと考えてやっていきたい。時間が限られるなか、いかに対応力を上げていくかを考えていきたいです」

「4バックか3バックかで、我々のやっていることが全部伝わるふうには思っていません。4バックでも、3バックでも、攻撃と守備のコンセプト、それに局面の戦い方は伝わるように、時間を有効的に使っています。ミーティングでは、システムのことではなくて、その局面でどうするかを伝えています」

 一方、ベネズエラのラファエル・ドゥダメル監督は「これまで11試合の大半をアウェーで戦ってきました。『ワイン』という愛称で国民から親しまれる私たちベネズエラ代表チームはとても成熟したチーム。来年3月からの予選を控え、明日は重要な一戦になります」と抱負を語った。

 試合は19日午後7時25分開始。チケットはすでに完売している。

関連記事:【日本代表】「市場価格」ランキング。進藤、車屋が5位に食い込む

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads