【日本代表】「久保はいないよね?」実力伯仲ベネズエラ監督も気になる存在に

日本代表戦に向けて抱負を語ったベネズエラ代表のラファエル・ドゥダメル監督。(C)SAKANOWA

実質4試合連続ドロー中、FIFAランキングも拮抗。決着がつくか――。

[キリンC杯] 日本 – ベネズエラ/2019年11月19日19:25/パナソニックスタジアム吹田

 キリンチャレンジカップ(親善試合)の日本代表戦に臨むベネズエラ代表のラファエル・ドゥダメル監督が11月18日の試合前日記者会見に臨み抱負を語った。

 FIFAランキングは日本が28位、ベネズエラが26位。来年3月にカタール・ワールドカップ(W杯)の南米予選がスタートするため、ドゥダメル監督は「非常に重要な一戦」と位置付け、この一戦に臨む。ベネズエラは今回の国際Aマッチ期間、この日本戦のみが組まれており”ベストメンバー”で挑んでくる。

 ドゥダメル監督は「来年の予選に向けて準備を整えていきたい。この日本と対戦できるチャンスを最大限に生かすために綿密に計画も立ててきました。今週のトレーニングの内容には満足しています」と、勝利への意欲を示した。

 そのように自信を覗かせる指揮官は、日本の警戒する選手、注意する選手を聞かれると、次のように答えた。

「日本は尊敬に値する組織的なプレーを得意としているチームだと思います。その中で違いを生み出せる選手が活躍して勝利に至っています。ただ特定の選手を挙げるより、ここでは組織力が素晴らしい、と言うことに止めておきたいと思います。明日の試合でも警戒すべきは日本の組織力。それぞれのラインの強さだと思います」

 そのように言ったあと、指揮官は続けた。

「日本の選手たちはアジアでの予選の戦い終えたと聞いています。あと確か久保(建英)選手はいませんよね? であれば、状況はよりやりやすくなるかもしれませんね」

 そのようにドゥダメル監督は言って微笑んだ。レアル・マドリードからRCDマジョルカに期限付き移籍した日本の18歳の新星は同国でも注目の存在であることが分かる。今回はU-22日本代表の活動に専念し、17日のU-22コロンビア代表戦に臨んだあとスペインに戻っている。

 日本はベネズエラと1勝3分。しかし、その1勝も、90分間では2-2で引き分けていたが、その後、出場停止だった選手の出場が発覚したため、日本の3-0勝利の扱いとなった。

 つまり、実質的には4連続ドロー中。実際、FIFAランキングも拮抗している。

 今度こそ、決着がつくのか――実力伯仲の楽しみな一戦になる。

[ 参考 ]
◎日本の過去対戦成績
対ベネズエラ代表
◇FIFA ランキング(2019年9 月19日):26 位
◇過去の対戦成績:1勝3分(5得点 2失点) 
2010年2月2日  △0-0 (日本/大分) キリンチャレンジカップ 2010
2012年8月15日 △1-1 (日本/北海道) キリンチャレンジカップ 2012
2014年9月9日  〇3-0 (日本/神奈川) キリンチャレンジカップ 2014※ 
2018年11月16日 △1-1 (日本/大分) キリンチャレンジカップ 2018
※試合は2-2で終了しましたが、後日ベネズエラが出場停止の選手を出場させたことが判明。 FIFA の裁定により3-0で日本の勝利となりました。

関連記事:【日本代表】「市場価格」ランキング。進藤、車屋が5位に食い込む

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads