フィテッセ本田圭佑の充実を物語るホンダ節「1日24時間は短い。でもキツイと感じる10分が長すぎる」

フィテッセでの練習初日に抱負を語った本田圭佑。 ※『VitesseTV』より

日本時間の明日早朝、ヘーレンフェーンとアウェーで対戦。連敗ストップなるか。

[オランダ1部 15節]  ヘーレンフェーン – フィテッセ /2019年11月29日(日本時間30日4:00)/アベ・レンストラ・スタディオン

 オランダ1部リーグ(エールディビジ)フィテッセのMF本田圭佑が11月29日、自身のSNSのツイッター( アカウントは @kskgroup2017 )で久々に”メッセージ”を発した。

 本田は次のように日本語でつぶやいた。

1日24時間は短すぎる。
1年8760時間も短すぎる。
10年87600時間も短すぎる。

でもキツイと感じてるときの10分が長すぎる。

 オランダに渡って、スパルタ・ロッテルダム戦(●0-2)で新天地デビューを果たし、トップ下で先発して81分までプレーした。ようやくサッカー選手としての時計が再び動き始めた33歳の本田だが、その充実ぶりを物語るような”嘆き”となった。

 コメント欄には、受験生、学生、さまざまなカテゴリーのサッカー選手、スポーツに取り組む選手らの、まさにその通り、といった書き込みが多くされていた。

 さまざまな状況で時に自身を追い込む本田にとって、そういった”長い10分”と遭遇する機会が頻繁にあるのだろう。それを今、実感できていることがうかがえる。

 フィテッセは7勝2分5敗(24得点・21失点)の勝点23で5位タイ。最近4連敗と絶不調で、本田はこの悪い流れを止めることができるか。フィテッセデビューを果たしたスパルタ戦後にYou tubeの「KEISUKE HONDA」チャンネルにて インタビューに応じた本田は英語で、「私たちは最近の4試合を落としています。チームにいるたくさんの若い選手が、自信を失っているように感じます。私は経験のある選手たちとその問題について話し合いたい。そして次の試合は、必ず勝ってみせます」と語っていた。

 果たしてこの限られた期間で、本田はチームに変化を与えることができたか? 日本時間の11月30日4時から、アウェーでSCヘーレンフェーンと対戦する。

関連記事:東京五輪へ本田が久保、堂安を語る「むしろ共存しやすい左利き同士」

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads