【Jの輪】流れはマリノス。天野純&藤本淳吾の技巧派レフティから不屈のGK榎本哲也へ

マリノスラインは続くのか? 天野純、藤本淳吾、そして榎本哲也が登場!(C)MARIKA │茉莉香

Jリーガーが友達を紹介する連載企画。明日3日、榎本哲也が登場!横浜FMラインは続くのか!? 

 JリーガーがJリーガーの友達を紹介していく連載企画「Jの輪」はここ最近、新旧の横浜F・マリノス勢の選手が続いてきた。

 下平匠(ジェフユナイテッド市原・千葉)→ 伊藤翔(鹿島アントラーズ)→ 天野純(横浜/現スポルティング・ロケレン)→ 藤本淳吾(京都サンガF.C.)

 そして、「淳吾さん、大人。俺は子供でした」(天野)、「(新人の天野が)『とりあえず全部、ガムシャラに頑張ります!』的な感じで、『自分』の出し方を分かっていなかったから、何で勝負するかは大事だよ的な話を……多分した」(藤本)と触発し合ってきたという。そのJリーグを代表する二人のレフティからの”パス”を受け止めるのが不屈不撓のGK榎本哲也(カターレ富山)だ。

 昨季天皇杯制覇を成し遂げたJ1の浦和レッズから、35歳を節目に出場機会を求めるとともに、ユース時代の恩師である安達亮を男にするため、J3のカターレ富山への移籍を決意した。

 藤本にとっては、プライマリー(小学生)時代からの「ずっと幼馴染のような感覚」という良き相棒でもあるという。そんな同い年のレフティも「今シーズン、カターレ富山に移籍すると聞いた時は驚きました」と、榎本の決断に目が点になったそうだ。

 ただ、榎本のその選択は、少なからず藤本の考え方も関係していたようである。

「僕は元々、いろんな人に教わって、視野を広げたいと思ってこれまで移籍してきて、それによって得たものもたくさんありました。だから、テツ(榎本)が浦和レッズに移籍する時も賛成したし、今回も。どこに行くかは聞いていなかったけど、出る決断には賛成しました」

「同い年がいるのは、ただただ嬉しいので、これからもお互い頑張ろう」

 そう語る35歳のバトンリレー。最近2試合連続で無失点勝利を収める富山の守護神が、藤本と次につなぐ”あの人物”について語る――。マリノスラインは続くのか!? 

関連記事:【Jの輪】藤本淳吾、中村俊輔…天野純の「左足」を育んだ”極上”の練習環境

Ads

Ads