【日本代表こんな布陣を見てみたい】仲川のCF起用もオプションにお勧め!渡辺もリベロ&ストッパーのWで試したい

(C)SAKANOWA

東アジアE-1選手権、香港と対戦。

[E-1選手権] 日本 – 香港/2019年12月14日19:30/九徳総合運動場(韓国)

 東アジアE-1選手権の日本代表対香港代表戦が12月14日、韓国の釜山で行われる。森保一監督は選手の大幅変更を明言しており、初戦の中国戦(〇2-1)から全員を入れ替えた場合の布陣を考えてみた。18日には2年前に敗れている韓国戦が控えており、その試合で先発を掴み取るぐらいの存在が出てくるか――。

 中国戦に続き3-4-2-1の布陣でスタートしそうだ。もしかすると4-2-3-1の採用、あるいは途中からの変更もあり得るか。

 注目はJリーグ2019シーズンの最優秀選手賞(MVP)、得点王、ベストイレブンの「3冠」に輝いた横浜F・マリノスの仲川輝人だろう。今回の国際Aマッチデビューは、シャドーでの起用になりそうだ。ただ横浜FMでは一時、センターフォワードでも結果を残しているだけに、もしも前線に変化を加えたい場合は、最前線に投入してみるのはどうだろうか。主力選手が集う「Aチーム」でもオプションになり得る可能性がある。

 また、攻撃面での自己主張がやや控え目なタイプが目立つ昨今のボランチ(センターハーフ)では、久々起用の大島僚太、出場すれば国際Aマッチデビューとなる田中碧には、少し大胆なぐらいのアピールを期待したい。

 また、DFの渡辺剛はU-22日本代表では、リベロ、ストッパーで起用されてきた。3-4-2-1のリベロの人材が不足している感もある。また東京オリンピック本番は選手登録数も18人と限られる。今回のような機会を生かし、両方のポジションで起用し、今後のさまざまな状況にも対応できるような柔軟性を身につけておくのはどうだろうか。

 E-1東アジア選手権に臨む日本代表メンバーと大会日程は次の通り。

◆日本代表メンバー◆
GK
1 中村航輔(柏レイソル)
12 小島亨介(大分トリニータ)
23 大迫敬介(サンフレッチェ広島)
DF
19 佐々木翔(サンフレッチェ広島)
5 三浦弦太(ガンバ大阪)
4 畠中槙之輔(横浜F・マリノス)
15 渡辺 剛(FC東京)
2 菅 大輝(北海道コンサドーレ札幌)
21 古賀太陽(柏レイソル)
22 橋岡大樹(浦和レッズ)
MF
10 仲川輝人(横浜F・マリノス)
6 大島僚太(川崎フロンターレ)
18 橋本拳人(FC東京)
9 鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)
8 井手口陽介(ガンバ大阪)
16 相馬勇紀(鹿島アントラーズ)
14 森島 司(サンフレッチェ広島)
3 田中駿汰(大阪体育大学)
7 遠藤渓太(横浜F・マリノス)
17 田中 碧(川崎フロンターレ)
FW
20 小川航基(水戸ホーリーホック)
13 上田綺世(鹿島アントラーズ)
11 田川亨介(FC東京)
※室屋成は負傷により辞退

◇東アジアE-1選手権◇
◆大会日程&結果◆ 

※すべて19:30KICK OFF
◎12月10日(火)
日本代表(〇2-1) 中国代表

◎12月11日(水)
韓国代表(〇2-0)香港代表

◎12月14日(土)
日本代表(19:30@九徳総合運動場)香港代表 

◎12月15日(日)
韓国代表(19:30@釜山アジアド主競技場)中国代表

◎12月18日(水)
香港代表(16:15@釜山アジアド主競技場)中国代表
日本代表(19:30@釜山アジアド主競技場)韓国代表

関連記事:【中国紙】日本戦完敗に「恥」、橋岡への飛び蹴りは「彼の頭が足に当たった」と弁明

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads