湘南スタイルに合致!山口のMF三幸秀稔を獲得「サッカーで恩返しをしたい」

トピックス・ニュース, Jリーグ, 移籍情報

サカノワスタッフ

湘南への加入が決まった山口の三幸秀稔。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

山口の山下敬大は千葉に完全移籍、岸田和人は盛岡に期限付き移籍。

 湘南ベルマーレは12月17日、レノファ山口FCの三幸秀稔( Hidetoshi MIYUKI )を完全移籍で獲得したと発表した。

 三幸は1993年5月23日生まれ、26歳。千葉県出身。172センチ・65キロ。これまでのキャリアは、JFAアカデミー福島 ― ヴァンフォーレ甲府 ― SC相模原 ― レノファ山口FC。2019シーズンは42試合・1得点。J2通算は174試合・8得点。湘南のシームレスなスタイルに合致する楽しみなタレントだ。

 三幸は次のようにコメントしている。

「湘南ベルマーレの皆さん初めまして、レノファ山口から移籍してきた三幸秀稔です。 来季からは湘南ベルマーレの勝利のために必死で戦います。

 どんな時も背中を押してください。その声援をエネルギーに最後の最後まで走り続けてより多くの勝利を皆さんと分 かち合いたいと思っています。

 これからよろしくお願いします」

 また、山口のファンには次のようにコメントしている。

「この度湘南ベルマーレに移籍することが決まりました。

 まず、レノファ山口というクラブには感謝しかありません。浪人して1年間チームがなかった僕にまたJリーグでプレーさせてもらえるチャンスを与えて頂きありがとうございました。

 そして山口に来てから4年間、本当に幸せで楽しい、充実した時間でした。最後の最後まで悩み考え込みました。クラブも本気で話をしてくれました。最後には自信を持って湘南に行ってこい、前だけを見てチャレンジしてこいと快く送り出して頂き本当に感謝しています。

 そして、霜田監督をはじめとするスタッフの皆さん、こんな生意気で未熟な僕を信じ、支えてもらい、ここまで育てて頂き本当にありがとうございました。キャプテンをやらせてもらった2年間、色んなことを考えさせられ、気づかされ、悩まされました。

 苦しいこともありましたがそんな時間が僕を大きくしてくれたことを実感しています。これからも続くサッカー人生の中で壁にぶつかることもあると思いますが、ここで学んだことを生かし必死に頑張っていきます。本当にお世話になりました。

 しもさん! ありがとうございました! 行ってきます! まだまだ感謝を述べないといけない人はたくさんいるのですがお世話になりすぎて全てを伝えることができません。

 サッカーをしている姿を見てもらうことで恩返しをさせてもらいます。

 最後に山口のお父さん、お母さん、4年間本当にありがとう!

 三幸行ってきます!」

 また、山口は昨季J2リーグで11ゴールを決めたFW山下敬大のジェフユナイテッド市原・千葉への完全移籍、長年にわたりチームをけん引してきたFW岸田和人のグルージャ盛岡への期限付き移籍を発表している。

関連記事:【神戸】フィンク監督がポドルスキ残留を要望「希望の灯は残っている」。ドイツ紙が報じる

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads