香川真司と岡崎慎司が”夢の対談”「さあアラゴンダービーだ!」

アラゴン観光協会(@aragonturismo)が作成した動画で対談するサラゴサの香川真司(左)とウエスカの岡崎慎司(右)。

12月22日にウエスカ対サラゴサ。1部昇格へ勝点1差の上位対決!

[スペイン2部 21節] ウエスカ – サラゴサ/2019年12月22日/エスタディオ・エル・アルコラス

 同じアラゴン州にあるSDウエスカ対レアル・サラゴサの「アラゴンダービー」が今週末の12月22日、ウエスカのホームゲームで行われる。その対戦を前に、アラゴン観光局 (@aragonturismo )の協力のもと、ウエスカの岡崎慎司とサラゴサの香川真司の”夢の対談”が実現。その模様が、SNSのツイッター(上記アドレス)で公開された。

 北京五輪代表チーム、そして日本代表と長年に渡ってともに戦ってきた二人が、スペインを舞台に初めて対戦することに――。その対戦を前に、二人はレストランでワイングラスを傾けながら楽しそうに語り合った。

香川「へい、オカちゃん! ワイン飲もうか」

岡崎「元気?」

香川「どう最近?」

岡崎「まあまあだね、チーム的には」

香川「そうだね。まだまだ前半戦だし」

岡崎「それにしても、いい街だね。初めて来たわ」

香川「町も意外と大きいやろ。建物は綺麗で、レストランも多くて美味しい」

岡崎「ウエスカもいいよ。小さい町がたくさんあって、山が近い。景色が良くて、食事も美味しい」

香川「そして今週末は」

岡崎「アラゴンダービーだね」

香川「俺らはアウェーだけれど、順位的にもライバル。勝たないといけない試合になる。ウエスカはホームだから、強いと思うけれど」

岡崎「ホームでは負けられへんからね。どっちが勝つか」

岡崎「お互い、頑張ろうぜ」

香川「いい試合をしよう!」

 サラゴサは9勝6分5敗(30得点・22失点)の勝点33で3位。一方、ウエスカは10勝2分8敗(23得点・17失点)の勝点32で5位。まさに1部昇格に向けて、両チームにとって負けられない一戦になる。

 上位対決とあって注目を集めるアラゴンダービー。二人にとっても特別な日になりそうだ。

関連記事:条件チェック。南野のリバプール移籍、労働ビザ問題は大丈夫?

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads