【移籍情報】堅実適任!広島FW渡大生が大分に完全移籍「自分自身をより明確化し日々やり切る」

大分への完全移籍での加入が決定した渡大生(中央)。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

広島での2年間を経て、九州再上陸。

 大分トリニータは12月24日、サンフレッチェ広島のFW渡大生選手を完全移籍で獲得した。両クラブが正式に発表した。

 渡は1993年6月25日、26歳生まれ。176センチ・70キロ。A型。FW。

 これまでのキャリアは、広島高陽FC U-12 ― 広島高陽FC U-15 ― 広島皆実高校 ― ギラヴァンツ北九州 ― 徳島ヴォルティス ― 広島 ― 大分。

 2019シーズンの成績は、J1リーグ23試合・3得点、ルヴァンカップ1試合・1得点、天皇杯3試合・1得点。これまでの通算成績は、J1リーグ通算40試合・4得点、J2リーグ通算213試合・59得点。

 渡は大分の広報部を通じて、次のようにコメントしている。

「サンフレッチェ広島から来ました渡大生です。

 自分自身をより明確化し、日々出来ることをやりきり、少しでも毎日前に進みたいと思います。

 よろしくお願いします」

 また、渡は広島のファンに向けて、 「素晴らしい選手たちと2年間ともに過ごせて、選手としても人間としても、より自分自身を深めることができました。本当にありがとうございました。 チームの力になりきれませんでしたが、素晴らしい2年間でした」と感謝している。

 大分はオナイウ阿道が退団(レンタル終了、浦和レッズ→横浜F・マリノスに完全移籍)したが、川崎フロンターレから知念慶を期限付き移籍、そして渡の加入が決定。片野坂知宏監督のスタイルで、より生きそうなタレントの獲得に成功しており、2020シーズン、さらなる大分旋風を巻き起こせるか。渡にとっては北九州時代以来の九州再上陸となる。ちなみにワイルドな印象が強い渡だが、読書家の一面も。

[文:サカノワ編集グループ]

Topics:Daiki WATARI of Sanfrecce HIROSHIMA to complete full transfer to OITA trinita.

Ads

Ads