【U-22日本代表こんな布陣を見てみたい】4バック案。安部や前田がより生きて、選択肢が広がりそうだ

(C)SAKANOWA

瀬古&小林のU-20W杯CBコンビもポテンシャル抜群。オプションでどうだろうか?

[キリンC杯] 日本 – ジャマイカ/2019年12月28日19:20/トランスコスモススタジアム長崎

 キリンチャレンジカップ(親善試合)のU-22日本代表対U-22ジャマイカ代表戦が12月28日、トランスコスモススタジアム長崎で行われる。日本代表と兼任する森保一監督は試合前日の記者会見で「選手たちには、個々の最高のパフォーマンスを最大限に出してもらいたい」と語っている。3バックでのスタートが有力視されるが、試合途中からの4バックへのシフトもあり得るか。

 何より4バックにすると選択肢にも広がりが出てくる。

 堂安律(PSV)、久保建英(RCDマジョルカ)、冨安健洋(ボローニャFC)らが不在のなか、最大の注目は、鹿島アントラーズからFCバルセロナBに移籍した安部裕葵になる。彼や松本山雅FCからポルティモネンセに新天地を求めた前田大然は、4-2-3-1でこそ特長を発揮できるタイプ。最前線に高さと強さのある一美和成(京都サンガF.C.)が入ると、攻撃はより重厚になりそうだ。一美&前田の2トップも面白そうではある。

 また、ポーランドU-20ワールドカップで最終ラインを守った瀬古歩夢(C大阪)、小林友希(FC町田ゼルビア)は、いずれも近年不足していた強靭さを備えたポテンシャル十分なセンターバックである。いずれもJで経験を積んできており、ここから彼らを東京五輪代表のポジション争いに本格的に加えていきたい。

 中山雄太、松岡大起、松本泰志らのボランチ(センターハーフ)争い、そして湘南の鈴木冬一と杉岡大暉がこの代表でも左サイドバック(ウイングバック)を争うなど、ポジション争いの構図が明確になることで競争も促せそうだ。

 3バックか4バック――選手の活用法も変わってくるだけに、この長崎決戦を経て、メイン布陣はそろそろ固める時期になってくるか。

 U-22日本代表メンバーと背番号は次の通り。

◆U-22日本代表メンバー◆
GK
1 山口瑠伊(エストレマドゥーラUD)
12 谷 晃生(ガンバ大阪)
23 小久保玲央ブライアン(ベンフィカ)
DF
2 岩田智輝(大分トリニータ)
3 中山雄太(ズウォレ)
15 瀬古歩夢(セレッソ大阪)
20 小林友希(FC町田ゼルビア)
21 岡崎 慎(FC東京)
22 大南拓磨(ジュビロ磐田)
MF
4 鈴木冬一(湘南ベルマーレ)
5 杉岡大暉(湘南ベルマーレ)
6 長沼洋一(愛媛FC)
7 三笘 薫(筑波大学)
8 高 宇洋(レノファ山口)
10 安部裕葵(バルセロナ)
11 旗手怜央(順天堂大学)
13 岩崎悠人(北海道コンサドーレ札幌)
14 東 俊希(サンフレッチェ広島)
16 福田湧矢(ガンバ大阪)
17 松本泰志(サンフレッチェ広島)
18 松岡大起(サガン鳥栖)
FW
9 前田大然(ポルティモネンセ)
19 一美和成(京都サンガF.C.)

関連記事:スペイン紙が久保の発言に注目「ジダン監督から残ってほしいと言われた」「カメレオンのように」

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads