【移籍情報】湘南が仙台DF大岩一貴を獲得「信念を持ち続けひたむきに」

仙台の大岩一貴。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

杜の都では4年間プレーし、キャプテンも務める。2019シーズンは17試合、J1通算117試合に出場。

 湘南ベルマーレは12月28日、ベガルタ仙台のDF大岩一貴が完全移籍で加入すると発表した。

 大岩は1989年8月17日生まれ、30歳。愛知県出身、183センチ・78キロ。これまでのキャリアは、熱田少年CS ― 名古屋FC ― 中京大付属中京高 ― 中央大 ― ジェフユナイテッド市原・千葉 ― 仙台。

 2019シーズンはJ1リーグ17試合・1得点、ルヴァンカップ8試合・0得点、天皇杯1試合・0得点を記録。通算記録はJ1リーグ117試合・7得点、J2リーグ132試合・6得点。

 大岩は湘南の広報部を通じて、次のようにコメントしている。

「この度、湘南ベルマーレに移籍することになりました大岩一貴です。

 素晴らしいクラブに来れたことを嬉しく思うとともに身が引き締まる思いです。

 チームの勝利に貢献できるよう、信念を持ち続けひたむきに取り組んでいきたいと思っています。

 よろしくお願いします!」

 仙台では4年間プレーし、キャプテンも務めた。その杜の都のファンには次のように公式サイトであいさつをしている。

「湘南ベルマーレに完全移籍することとなりました。

 今シーズンはチームとしても、個人としても不甲斐ない結果となり、キャプテンを任されながら勝利に貢献できずに申し訳なく思っています。

 ベガルタ仙台への移籍を決断して4年が経ち、仙台という地でたくさんの方々に出会い、支えていただきました。

 応援していただいたすべてのみなさまには感謝の気持ちでいっぱいです。

 このクラブで経験した嬉しかったこと、悔しかったこと、そのすべてが財産です。

 4年間本当にありがとうございました」

関連記事:【浦和】杉岡獲得失敗の背景。積年の課題に「新陳代謝の効率の悪さ」

Topics:Kazuki OIWA of Vegalta SENDAI to complete full transfer to SHONAN Bellmare.

Ads

Ads