サプライズ!トーレス相棒のクエンカが仙台に完全移籍「数多くの勝利をお届けします」

イサック・クエンカ。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

鳥栖ではJ1残留に貢献、6ゴールを奪取。

 サガン鳥栖のMFイサック・クエンカが、ベガルタ仙台に完全移籍することが決定した。両クラブが12月29日、正式に発表した。

 クエンカのフルネームは、フアン・イサック・クエンカ・ロペス。1991年4月27日生まれ、スペイン出身、28歳。179センチ・68キロ。これまでのキャリアは、CFレウス(スペイン) ― FCバルセロナB(スペイン) ― CEサバデル(スペイン) ― バルセロナ(スペイン)→アヤックス・アムステルダム(オランダ) ― バルセロナ(スペイン) ― デポルティーボ・ラ・コルーニャ(スペイン) ― ブルサスポル(トルコ) ― グラナダCF(スペイン) ― ハポエル・ベエルシェバFC(イスラエル) ― レウス(スペイン) ― 鳥栖。

 バルセロナではアンドレス・イニエスタ(ヴィッセル神戸)とともにプレーした経験があり、 フェルナンド・トーレスの相棒として2019シーズンに加入。日本初挑戦の今季はJ1リーグ29試合・6得点、ルヴァンカップ3試合・0得点を記録し、J1残留に貢献した。

 クエンカは鳥栖のファンへ、次のように感謝の思いを伝えている。

「1年という短い間でしたが、サガン鳥栖の一員として共に闘えたことをとても光栄に思います。

 どんな難しい状況でも支え続けてくれたサポーターの皆さん、選手、スタッフの皆さんには心から感謝しています。

 今後のサガン鳥栖の成功を祈っています。

 ありがとうございました」

 一方、仙台のファンには、次のようにあいさつをしている。

「ベガルタ仙台ファミリーの皆さま、はじめまして。イサック・クエンカです。

 数多くの勝利をお届けし、2020年が素晴らしいシーズンになるようにベストを尽くします。

 これから応援よろしくお願いいたします」

 鳥栖ではファンタジスタと言えるプレーを随所で見せ、ゴールをもたらしてきた。戦術家である木山隆之新監督のもと、どのような輝きを放つのか――。クエンカが2020年、今度はユアテックスタジアムのサポーターをその一挙手一投足で魅了する。

関連記事:スペイン紙が久保の発言に注目「ジダン監督から残ってほしいと言われた」「カメレオンのように」

Topics:Juan Isaac Cuenca Lopez of Sagan TOSU to complete full transfer to Veglta SENDAI.

Ads

Ads