【高校選手権】壮絶な激闘…渡邉颯太が2ゴール。草津東が東久留米に競り勝つ!

渡邉颯太(9番)が2ゴール!草津東が辛うじて逃げ切った。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

超満員の味フィ西が丘、東久留米が松山翔哉、柳田晃陽のゴールで一時1点差に詰め寄ったが――。

[高校選手権 1回戦] 草津東 4 – 2 東久留米 /2019年12月31日/味の素フィールド西が丘

 全国高校サッカー選手権1回戦、草津東が4-2で東久留米に競り勝ち、2回戦にコマを進めた。草津東のエース渡邉颯太が2ゴールを奪う活躍を見せた。一方、圧倒的な声援を受けて後半怒涛の反撃を見せた東久留米も松山翔哉、柳田晃陽の意地のゴールで迫ったが――。土壇場に、逆に小酒井新大にトドメのゴールを決められた。

 立ち上がりから草津東が四元舜希を中心にパスをつないで主導権を握る展開に。迎えた前半4分、渡邉が決めて先制。これで流れを掴んだブルーのユニフォームはさらに攻勢を強め、19分にオウンゴール、31分に再び渡邉と決めて、前半だけで3点リードする。

 このまま一方的な展開になるのか――。

 そう思われた後半、東久留米が反撃に転じる。

 球際へアグレッシブに向かってボールを奪い切り、そのままゴールへ襲い掛かる。すると松山が鮮やかなシュートを突き刺す。さらに後半24分、柳田がこぼれ球を押し込み1点差に……。

 執念の粘りを見せる東久留米、このまま同点に追いつくのか――。

 草津東はエンジンを組んで全員で改めて確認。そして東久留米のさらなる反撃に耐えるなか、迎えた試合終了間際、草津東の10番、小酒井が一撃! 最後に4-2と突き放して、草津東が2回戦進出を決めた。

 見応えのあるプライドがぶつかり合う白熱の一戦、草津東が執念で勝利を掴んだ。

関連記事:【天皇杯】神戸魂を貫く。イニエスタがMLS複数クラブのオファーを拒否。ベッカム氏オーナーのチームからも

写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI
写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads