【高校選手権】逆境を乗り越え国学院久我山が3回戦へ!昌平と対戦

国学院久我山対専大北上は、両チームともに譲らず。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

数的不利をものともせず、PK戦で競り勝つ。

[高校選手権 2回戦] 国学院久我山 0(6PK5)0 専大北上 /2020年1月2日/NACK5スタジアム

 全国高校サッカー選手権2回戦、国学院久我山(東京都B)がPK戦の末に専修大北上(岩手県)に勝ち、3回戦に進んだ。

 試合は立ち上がりから国学院久我山が主導権を握り、専大北上のゴールに迫る。しかし専大北上のGK高橋諒朋が好セーブを連発して、得点を与えない。

 一方、専大北上はなかなかチャンスを作れないなか、相手に退場者が出る。

 それでも一人少ない国学院久我山がペースを掴む展開は変わらない。数的不利にもかかわらず決定機を作り出すが……ゴールを割ることができない。

 両者の粘り強いディフェンスが光るなか、試合はスコアレスのまま終了。決着はPK戦へ委ねられる――。

 ここでも両チーム譲らず、専大北上は3人目、国学院久我山は最後の5人目がGKにセーブされる一進一退の攻防が続き、4-4でサドンデスへ突入。そして国学院久我山が6-5で、逆境を乗り越えて3回戦へコマを進めた。最後はGK村上健が立ちふさがった。

 国学院久我山は1月3日の3回戦、昌平と浦和駒場スタジアムで対戦する。

写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI
写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

関連記事:【高校選手権】東久留米の主将、下田が開始早々に負傷交代「悪夢のような集大成の5分間。でも最高の3年間でした」

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads