【U-23日本代表スタメン】橋岡ストッパー起用、前線とボランチは第1戦と同じ組み合わせに

(C)SAKANOWA

緊急招集の東アジア選手権に続いて参戦した菅の立場は…。

[タイU-23アジア選手権 GS3節] 日本 – カタール /2020年1月15日(日本時間22:15)/ラジャマンガラ・スタジアム

 タイU-23アジア選手権のグループステージ( GS )3節、東京オリンピックチームにあたるU-23日本代表対U-23カタール代表戦がキックオフを迎えた。サウジアラビア、シリアにいずれも1-2で敗れている日本は、すでにグループステージ敗退。一方、2引き分けのカタールはこの試合での勝利が必須で本気で向かってくる。ホスト国の日本を除く上位3チームが東京五輪の出場権を得る。

 日本は中2日で続いた3戦目、4バックの可能性もあったが、これまでと同じく3バックを採用。浦和レッズでは右ウイングバックを務める橋岡大樹が右ストッパーで起用された。

 前線のトライアングルは小川航基、食野亮太郎、旗手怜央、ボランチは田中駿汰&田中碧と、サウジアラビアとの初戦(●1-2)のセットが起用されている。

 ケガをしている様子の遠藤渓太はスーパーサブでの起用があるか。一方、3-4-2-1を北海道コンサドーレ札幌でも取り組む左ウイングバックの菅大輝は一度も先発起用されず。もちろん森保一監督が練習でのパフォーマンスなど総合的に見て判断したことになるが、東アジアE-1選手権で追加招集し、今回呼んだものの先発の機会を与えないとなると、せめて、どちらかのコンペティションに絞るべきだったのではないかという話も出てきそうだ。

 日本代表の先発メンバーは次の通り。

ポジション 
背番号
名前
所属チーム

▽先発
GK 
12
大迫敬介
サンフレッチェ広島

DF
17
町田浩樹
鹿島アントラーズ


立田悠悟
 清水エスパルス 

22
橋岡大樹
浦和レッズ

MF

田中駿汰  
北海道コンサドーレ札幌


田中 碧
川崎フロンターレ


杉岡大暉
鹿島アントラーズ

16
相馬 勇紀  
名古屋グランパス 

10
食野亮太郎
ハート・オブ・ミドロシアンFC(SCO) 

19
旗手怜央
川崎フロンターレ

FW

小川航基
ジュビロ磐田 

▽控え
GK 

小島亨介  
アルビレックス新潟

23 
谷 晃生
湘南ベルマーレ 

DF

渡辺 剛
FC東京

15
岡崎 慎
清水エスパルス

20 
古賀太陽
柏レイソル

MF

齊藤未月
湘南ベルマーレ

21
松本泰志
サンフレッチェ広島

14
森島 司
サンフレッチェ広島

11
遠藤渓太
横浜F・マリノス


菅 大輝
北海道コンサドーレ札幌

FW
18
田川亨介
FC東京

13
上田綺世
鹿島アントラーズ

◆U-23日本代表の結果と日程◆

◇グループステージ◇
1月9日(木) 日本(●1-2)サウジアラビア
日本の得点者:食野亮太郎
1月12日(日)日本(●1-2)シリア
日本の得点者:相馬勇紀
1月15日(水)日本×カタール

関連記事:神戸】ポドルスキがマレーシア電撃訪問。ジョホールDTと契約間近か!?

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads