元日本代表候補DF橋本和が神戸から岐阜に完全移籍。イニエスタらとの「想像を遥かに超えた経験に感謝」

神戸での橋本和。(C)SAKANOWA

目標はJ2復帰。左サイドバックのスペシャリスト、前田遼一とのホットライン開通だ!

 ヴィッセル神戸のDF橋本和が1月16日、FC岐阜に完全移籍することに決まった。両クラブが正式に発表した。

 橋本は1986年9月14日生まれ、滋賀県長浜市出身、33歳。181センチ・72キロ。 

 これまでのキャリアは、ブレイズ熊本(城山小) ― 高月サッカー少年団 ― バーニングブラッドFC ― 青森山田高 ― 大阪体育大 ― 柏レイソル ― 浦和レッズ ― ヴィッセル神戸 ― FC岐阜。

 通算成績はJ1リーグ158試合・6得点、J2リーグ29試合・0得点、ルヴァンカップ31試合・1得点、天皇杯22試合・5得点、ACL14試合・0得点。2019シーズンはJ1リーグ3試合、ルヴァンカップ4試合、天皇杯1試合に出場。左利きの左サイドバックのスペシャリストとして、2012年には日本代表候補としてトレーニングキャンプに参加した。

 柏時代の2011年にJ1リーグ、2012年度に天皇杯、2013年にナビスコカップ(現ルヴァンカップ)、そして神戸時代の2019年度に天皇杯で優勝している。

 橋本は神戸のファンに次のように感謝している。

「ヴィッセル神戸に関わる皆さん、3年半ありがとうございました。

 自分の想像を遥かに超える経験をさせてもらい、成長させてもらえた3年半でした。

 本当にありがとうございました。

 終わりと 同時に始まりなので、お互い新シーズン頑張りましょう」

 一方、岐阜のファンには次のように呼び掛けている。

「初めまして。ヴィッセル神戸から移籍してきました橋本和です。

 FC岐阜のJ2昇格の力になれるよう全力で頑張ります。

 応援よろしくお願いします」

 このほど来季残留の決まった元日本代表FW前田遼一とのホットライン開通なるか――。楽しみなスカッドが加わった。

関連記事:【神戸】ポドルスキがマレーシア電撃訪問。ジョホールDTと契約間近か!?

Topics:Wataru HASHIMOTO of Vissel KOBE to complete full transfer to FC GIFU.

Ads

Ads