松本退団のFW高崎寛之が岐阜に加入「僕は昇格を3回経験しています」

岐阜への移籍が決まった高崎寛之。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

元日本代表エース前田遼一と強力2トップ形成だ。

 松本山雅FCで2019シーズンまでプレーしていたFW高崎寛之が1月17日、J3リーグのFC岐阜に加入することが決まった。両クラブが正式に発表した。

 高崎は1986年3月17日生まれ、茨城県出身、33歳。188センチ・78キロ。

 これまでのキャリアは、結城サッカースポーツ少年団 ― 八千代第一中 ― 古河三高 ― 駒澤大 ― 浦和レッズ ― 水戸ホーリーホック ― 浦和 ― ヴァンフォーレ甲府 ― 徳島ヴォルティス ― 鹿島アントラーズ ― モンテディオ山形 ― 鹿島 ― 松本山雅 ― 岐阜。

 通算成績は、J1リーグ92試合・10得点、ルヴァンカップ17試合・1得点、J2リーグ217試合・68得点、天皇杯13試合・5得点、ACL通算6試合・2得点。昨季はJ1リーグ18試合・0得点、ルヴァンカップ5試合・1得点、天皇杯1試合・0得点。

 高崎は松本のファンへ、次のようにコメントしている。

「松本山雅FCの皆さん。4年間ありがとうございました。

 Onesou1魂で自分の持ってる力を全て出し切りました。

 松本を離れるのは寂しいですが、J1に昇格できることを心から願っています。

 ありがとうございました」

 一方、岐阜のファンには次のように呼び掛けている。

「FC岐阜の皆さん、はじめまして。 

 僕は昇格を3回経験しています。

 J3の舞台は初めてですが、J2復帰のために自分の持っている力を全て出したいと思います。

 応援よろしくお願いします」

 30代に突入してさらに覚醒するストライカーも少なくない。高崎が岐阜の新エースになれるか。元日本代表FW前田遼一との強力2トップも楽しみだ。

関連記事:松本がFC東京のFWジャエルを獲得!背番号『9』、「J1昇格へ全力を出して貢献する」

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads