【FC東京】室屋成の「水しぶきショット」を生んだ長谷川健太監督のゲキ

水しぶきを上げながら室屋成が2020年のチームファーストゴールを決めた!写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

サイドバックから飛び出してねじ込み、2020年のチーム初ゴールに!

[ACL PO]FC東京2-0セレス/2020年1月28日/味の素スタジアム

「ボールも止まるし、寒すぎて大変でした。もう、しょうがないと割り切りました」

 FC東京の室屋成がアジアチャンピオンズリーグ(ACL)のプレーオフとなったセレス・ネグロ(フィリピン)戦、豪快にシュートをねじ込み先制点――2020年のチーム初ゴールを奪ってみせた。

 豪雨で大きな水たまりができる最悪のピッチコンディションのなか、室屋は「ボールが前に進まず、どうやって得点を決めようかと思っていました」と考えていた。

 相手のクリアボールもそこまで飛ばない。そこで室屋自身も思い切ってペナルティエリア付近まで上がり、普段よりかなり高い位置からシュートやクロスを狙って行った。

 そして折り返したあとの48分、ペナルティエリア内で混戦になったあとボールがこぼれる。

「とにかく枠に飛ばしたら何かが起こる思っていたので気持ちで押し込みました。ハーフタイム、長谷川(健太)監督から『せめて(シュートを)枠に入れろ!』とも言われていましたから(苦笑)」

 オーバーラップをするとほぼ必ずチャンスになっていた。訪れた決定機。室屋がここぞとばかりに右足を振り抜くと、ボールは水しぶきを上げながらゴールネットを揺らした。

 一方、守備面では、ロングボールが入ればシンプルにサイドへ蹴り出すなど徹底。試合終盤は原大智の退場処分で10人で戦うことを余儀なくされたものの焦らずブロックを敷いて防いだ。

「自分たちはもっと良くなっていくチーム。より攻撃的になっていますし、縦に速い選手が増えたことで、もっと攻撃的なチームになると感じています」

 FC東京がアジア王者への挑戦権を手に入れ、2月11日のACLグループステージ初戦は蔚山現代(韓国)とのアウェーゲームに決まった。室屋もその新たな試みをするチームの中で、よりアグレッシブに、大胆さを増していきそうだ。

FC東京の室屋成。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

関連記事:【FC東京】永井謙佑より速い!?アダイウトンが高速ループ弾「特長のパワーとスピードを出せた」

[取材・文:石田達也]

Posted by 石田 達也

Ads

Ads