汰木康也が新生浦和の象徴になれるか「左のサイドは誰にも負けない」

浦和の汰木康也。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

”恩師”木山監督が就任した仙台戦へ「チャンスを与えてもらい、悔しい思いもした。成長した部分を見せたい」。

[ルヴァン杯 1節] 浦和 – 仙台/2020年2月16日14:00/埼玉スタジアム

 浦和レッズのMF汰木康也が4-4-2の新布陣と戦術の中で自身の持ち味を生かし、好調ぶりを示している。2020シーズン公式戦初戦となるルヴァンカップ・グループステージ1節のベガルタ仙台戦。相手チームを率いるのは、モンテディオ山形時代に出場機会を与えてくれた木山隆之監督である。浦和のドリブラーはそのオープニングゲームでチャンスを掴み、ホームの浦和サポーター、そして恩師の前で、インパクトを放つことができるか。

 13日の紅白戦では、レオナルド、興梠慎三らと前線に入り、鋭いアタックを連発。縦へのドリブル突破、カットインと躍動感あるプレーを見せていた。

「キャンプから手応えを感じながら取り組めてきました。やはり左のサイドは、昔からやってきた一番強みが出せるポジション。そこをやる限り、絶対に誰にも負けないという気持ちでやっています。チーム内で高いレベルで競争もできています。その環境も自分にとってプラスになっています」

 汰木は充実の表情を浮かべる。また、守備とのバランスを実戦の中で見極め、ある程度、守備はDFに任せ、高い位置で持ち味を発揮したいと言う。そういった判断も4バックでは可能になるはずだと考える。

「(リトリートの意識が強すぎると、逆に攻撃で持ち味を発揮しきれなくもなるが?)そこの塩梅が、難しいところです。ゴール前で力を使う、そこで決め切る。それができないと、今度は守備がキツくなる。そこで自分たちの強みを攻撃面で出すためにも、少し後ろの選手に頼っていきたいとも思っています。もちろん、頑張って戻るべき時には戻ります。そこは試合を重ねて、見極めていきたいです」

 アタッカー陣が持ち味を発揮できるゾーンで、いかに多くプレーできるか。浦和がチームとしても取り組んできたところだ。

 そして2020シーズンの初戦は、木山監督が就任した仙台との対決になった。

「自分が初めてシーズンを通して試合に出られたのが、木山監督の1年目でした。いろいろな面で、チャンスをたくさん与えてもらいました。でもその次のシーズン、ガラッと変わって、まったく試合に出させてもらえなくって(苦笑)。悔しい思いもたくさんしたので、成長した部分を見せられたらと思います」

 24歳の浦和の背番号24が、躍動感とゴール、そしてスタンドに興奮をもたらすことができるか。そんなシーンを一つでも多く提供していきたい。新生・浦和の象徴になれるか――。汰木の2020年の挑戦が幕を開ける。

関連記事:【仙台】木山隆之監督が語る新生ベガルタ。汰木康也へのメッセージ、浦和戦のメンバーにも言及

[取材・文:塚越始]

Ads

Ads