【川崎】VARで得点取り消しのダミアン「しっかり判断されたと思う」

川崎のレアンドロ・ダミアン。(C)SAKANOWA

当倍速だと判断が難しいレベル。「エドゥアルドに競り勝ち、上手くゴールできたと思ったが…」とも振り返る。

[J1 1節] 川崎 0-0 鳥栖/2020年2月22日/等々力陸上競技場

 J1リーグ2020シーズンの開幕戦、川崎フロンターレはサガン鳥栖とスコアレスで引き分けた。後半開始早々にレアンドロ・ダミアンがDFに競り勝ちゴールネットを揺らしてホームチームの先制かと思われたが……。今季からJ1リーグ全試合で導入されるVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の判定で、オフサイドのファウルによって取り消された。

 問題のシーンは49分。川崎が鳥栖の4バックの間隙を突き、田中碧と登里享平の連係で攻略。素早いパス交換から、ペナルティエリア内でボールを受けた家長昭博がシュートを放つ。するとボールは相手に当たってクロスのような形になり、エドゥアルドに競り勝ったレアンドロ・ダミアンが受けて強引にシュートをねじ込み、ゴールネットを揺らした。

 だが、家長がシュートを放つ瞬間、下がってきていたエドゥアルドよりも少し前に、レアンドロ・ダミアンの足がオフサイドポジションに出ていた。

 VTRでスローで見ると分かるが、当倍速であると、ほとんど分からないシチュエーションではあった。

「相手のディフェンダーだったエドゥエアルドと体をぶつけながら、上手くゴールができたと思いました」

 レアンドロ・ダミアンは試合後、まずそのように”幻のゴール”を振り返った。そしてVARによって、ゴールが取り消されたことについて、次のように語った。

「VARが今季から採用されたことで、しっかり判断が下されたと思っています。それについての意見は特にありません。(主審からはオフサイドだと言われた?)はい、そうです」

 そのように判定についての不満はなく受け入れたという。

 とはいえ、川崎らしい崩しから決めた場面だった。チームメイトと歓喜し合い、ジェシウとはゴールパフォーマンスも披露した。気持ちを切り替えることはできただろうか。

「試合にしっかり集中して、試合のことだけを考えてやっています。崩れないようにしていました」

 川崎の”ナンバー9”はそのように強気に語った。

 結果的に川崎は鳥栖の固い守備をこじ開けきれず、スコアレスドローに終わった。シュート19本対3本と川崎がほぼ一方的に攻め込んでいただけに……。レアンドロ・ダミアンに笑顔はなかった。

 今後もVARでゴールが取り消された場合、一度歓喜したあと、どのように改めて気持ちを高めるのか。そういった気持ち(メンタル)の面での難しい課題も突き付けられそうだ。

関連記事:武漢所属の元浦和ラファエル・シルバが久々SNS更新。発信はアジアの――

[取材・文:塚越始]

Ads

Ads