FIFAがカズの53歳誕生日を祝福「三浦知良はオンリー・アンド・オンリー」

キックオフカンファレンスに登場したイニエスタ(左)と三浦知良(右)。(C)SAKANOWA

新型コロナウイルス感染拡大に伴う試合延期のため、3月18日、名古屋戦が”ホーム開幕戦”に。

 国際サッカー連盟(FIFA)の公式ツイッター(アカウントは @FIFAcom)は2月26日、横浜FCでプレーする元日本代表FW三浦知良の53歳の誕生日を祝福するツイートをした。

 FIFA.comのアカウントは、次のようにメッセージを発信した。

53歳で変わらずプロフェッショナルとしてプレーしています。

オンリー・アンド・オンリー(唯一無二)の三浦知良選手、誕生日おめでとうございます。

https://twitter.com/FIFAcom/status/1232577629502541824

 そのように横浜FCでのユニフォーム写真とともに、祝福のメッセージを送っている。

 横浜FCで15シーズン目を迎え、今季2007年以来となるJ1復帰を果たした。J1最年長出場とゴールが期待されるなか、開幕のアウェーでのヴィッセル神戸戦はプレシーズンに負ったケガの影響もあり、メンバー外となった。

 昨季終盤は基本的に、横浜・三ッ沢開催の試合出場に集中し、コンディションを調整する方式を採用していた。2020シーズンもそういった態勢を取ることになるのだろうか。

 2月14日に開催された2020キックオフカンファレンスに登場したカズは、1節で対戦したヴィッセル神戸のアンドレス・イニエスタと対談。その席で「これまで別メニュー調整が続いていたが、間もなく全体練習に合流できます。全力で調整します」と語っていた。

 Jリーグ開幕から戦い続けるまさに唯一無二の存在、カズが日本最高峰のJ1の舞台に再び立つ。53歳になっても変わらず全力で走り続ける「KAZU」が、世界のサッカーシーンからも注目を集める。

 Jリーグは新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、2月26日のルヴァンカップから3月15日のリーグ戦までの全試合の延期を発表。横浜FCは3月18日、ニッパツ三ツ沢球技場で名古屋グランパスとの試合で”ホーム開幕”を迎える予定だ(新型コロナウイルスの感染状況によっては再延期の可能性あり)。19:00開始予定で、チケットは発売中。

関連記事:キャプテン扇原貴宏がカズと先頭で入場「一流選手は人としても一流だと感じました」

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads