前浦和GK岩舘直ら加入Criacao Shinjukuが新体制。新宿からJへ「勝った先に目指す社会がある」

新体制発表会を行ったCriacao Shinjuku。(C)Criacao Shinjuku

新宿でサッカーができる機会を増やして地域に貢献!

  関東2部から1部(実質5部リーグ)に昇格したCriacao Shinjuku(クリアソン新宿)がこのほど新体制発表会を行い、新たな体制とともに新プロジェクトを発表した。

 同クラブは「スポーツの価値を通じて、様々な世界を繋げ、誰もが豊かさの体現者となれる世界に」をビジョンに、サッカーにとどまらず地域貢献や人材育成を通じて、世界一のサッカークラブを目指す。今季は5部に相当する関東1部リーグに臨む2020シーズンの新体制と新プロジェクトを発表、新たに前浦和レッズの岩舘直、前SC相模原の伊藤大介ら4人をチームに加えて JFL昇格を目指す。

 さらにCriacao Shinjuku は7か国が集まる「新宿グローバルカップ」をはじめ、新宿高校サッカー部への練習参加・講演会・ インターン受入れ、区教育委員会と連携したスポーツキャリア教育「太陽の授業」、落合中央公園で毎週行われるサッカースクールなど、スポーツ体験の機会が失われつつある新宿区において、サッカーを通して地域に貢献するため、多岐にわたる事業を展開するプロジェクトを始動する。新加入を含めた選手たちは、プレーだけに限らず本プロジェクトにも参加し、サッカーとの両立に挑む。

 キャプテンの井筒陸也、新加入の岩舘は次のようにコメントしている。

▽井筒陸也
今季、Criacao Shinjuku でキャプテンを務めさせていただきます。私がこのクラブでプレーするのは、これまで 20 年間をかけてやってきた自分のサッカーを肯定するためです。プロサッカー選手の時は、サッカーを頑張れば頑張るほど、自分が豊かになっていきました。しかしそれだけでは、物足りなさを感じていました。もし、自分のサッカーが、新宿や世界中を豊かにすることができれば「サッカーをやってきてよかった」そう感じられると思い、このクラブでサッカーを続けています。仕事、そのほかの物事を大事にしながら、必ず目標である JFL昇格を実現したいと思います。よろしくお願いいたします。

▽岩舘直
自分が Criacao Shinjuku に加入するまでの想いです。浦和レッズとの契約が満了になると決まってから、これからのキャリアについて色々と考えさせられました。その中で、現役でプレーを続けたい想いとともに魅力あるサッカークラブづくりに携りたいという想いが強くなりました。日本の中心である新宿にサッカークラブができることの社会的な影響力や勝ち負けだけに捉われず、勝った先に目指す社会があるという理念の話などに自分の気持ちが期待で膨らむのを感じ、このクラブの成⻑していく過程に自分も携わりたいと思いました。今年1年間、全力で頑張りたいと思います。

 2020シーズンのメンバーリストは次の通り。

GK 
1阿部 雄太
21 村下将梧
26 岩舘 直

DF 
3 井筒陸也
4 伊藤克尚
5 恩田雄基
14 江幡 駿
15 米原 祐
22 剣持雅俊
25 千葉丈太郎
MF 
6 黄 誠秀
7 川井健吾
8 須藤岳晟
10 石川大貴
13 高橋滉也
16 伊藤大介
20 樋口裕平
55 高橋亜聡
77 大和田歩夢
FW 
9 原田 亮
11 伊勢太一
18 大野裕行
50 岡本達也

監督 成山一郎
コーチ 土田雄弘

関連記事:「新宿にJクラブを」浦和退団のGK岩舘直が関東1部Criacao Shinjukuに加入

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads