【Jの輪】栗原勇蔵から託された兵藤慎剛が登場!

榎本哲也(左)と栗原勇蔵(右)。イラスト:茉莉香 │(C)MARIKA

Jリーガーが友人をつなぐ連載企画。榎本、栗原とF・マリノスのレジェンド二人を経て――。

 Jリーガーが友達を紹介していく連載企画「Jの輪」は、榎本哲也、栗原勇蔵と昨季引退した横浜F・マリノスのレジェンド二人を経て、元横浜FMで現在ベガルタ仙台に所属するMF兵藤慎剛が登場する(明日3月20日夕方にアップ予定)。

 プロとして18シーズン戦った栗原が、大切な存在として”指名”したのが兵藤だった。

いつも一緒にサッカーをして、プライベートでも一番仲良くしていて、そういう意味で、テツ(榎本)より一緒にいた時間は短くても、自分の中では、デカい存在でした。後輩ではあるけど、いろんな楽しいことをして、サッカーでは悔しい思いも嬉しい思いもして、とても大切なヤツでした」

 そして栗原は自分にはない能力を、兵藤の中に感じていた。

「僕自身はその時々の感覚で動いているタイプ。兵藤は頭が良くて、いろいろ計算できる。自分がどの位置にいるかを客観的に考えて行動できて、そういった意味でも賢いタイプでした」

 国見高校、早稲田大を経て、2008年に横浜FMへ加入。F・マリノスで9シーズンに渡って活躍し、2017、2018年に北海道コンサドーレ札幌でプレー。2019シーズンからは杜の都で戦ってきた。34歳になった兵藤は今年、プロ13シーズン目を迎える。

 そんな兵藤に、栗原は引退前に「まずサッカー選手として、自分が一番評価されて、試合に出られることが一番。その道を選んだので、今は離ればなれですけれど、活躍してくれることを楽しみにしています」と期待を寄せていた。

 兵藤にとって栗原はどんな存在だったのか? そして次につなぐのはいったい誰か? 

※兵藤選手の記事は3月20日夕方にアップ予定です!

関連記事:【Jの輪】引退決断の栗原勇蔵「家族より長い時間一緒にいたかもしれない」

[文:サカノワ編集グループ]

イラスト
PROFILE 茉莉香 MARIKA イラストレーター・デザイナー。インスタグラムのアカウントは marika22_10。多摩美術大学グラフィックデザイン学科卒業。主にサッカー・フットサル選手のイラストや、スポーツウェアのデザインを制作。また日本のサッカーファンを代表して、FIFA Global Fan Movement メンバーとして活動中。

Ads

Ads