【Jリーグ】アウェー応援自粛を求める。J3が4/25、J2が5/2、J1が5/9再開目指す

(C)SAKANOWA

前後左右の座席を開けて、キャパシティの50パーセント以下に抑える。

 公益社団法人 日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)は3月25日、全クラブによる合同実行委員会を開き、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い中断しているリーグ戦の再開のタイミングなど5つの事項について合意を得た。村井満チェアマンが同委員会のあとウェブによるメディアブリーフィングで、その内容について説明した。

 まず、当初予定していた4月3日再開の日程を改めて延期することを決定した。

 サーモメーターは全クラブ・スタジアムで450機ほど必要と試算。4月18日頃にも揃う予定という。その後、運用方法などを習熟していく。

 そのうえで、J3を4月25日に先行で実施し、J2とJ1も運営をバックアップして対策について知見を得ることにする。その後、J2が5月2日、J1は5月9日の再開に向けて準備を進めていく。

 新型コロナウイルスの感染について、イベント開催の留意事項として「密閉、密集、密接」がポイントに挙げられている。加えて政府は「全国規模のイベント」についての自粛を求めている状況である。そういった状況に配慮し、「アウェーの応援自粛」をファン・サポーターにお願いするという。

「全国から集まり、人が散っていく。それが大きな懸念事項であり、(その感染拡大の懸念など)丁寧に説明し、ご理解をいただきたいと思います」(村井チェアマン)

 基本的には、当面2か月、アウェーの観客を断る形にする予定。クラブに運営を委ね、詳細は今後詰めていく。

 村井チェアマンは「近隣であれば訪れることができるなど、一概なルールづけは難しいですが、アウェー観戦の席を設けないと考えています」と説明し、理解を求めた。

 さらに、座席は前後左右は開けることを想定。キャパシティとしては50パーセント以下になるという。

 村井チェアマンは「状況が刻々と変わり予断を許さぬ状況が続き、政府や自治体などから自粛要請があれば即座に従い、無観客試合を行うのか日程変更をするのか、柔軟な対応をしていきます」と説明をした。

関連記事:コロナショック!西村拓真がポルティモネンセ退団し帰国。安西、権田も検討か

[文:塚越 始]

Ads

Ads