【清水×磐田】小川航基が先制!「静岡ダービー」DAZNで生中継中

小川後基。写真:早草紀子/(C)Noriko HAYAKUSA

清水は大胆にシステム変更、磐田はサイドを効果的に活用。

 J1リーグの清水エスパルス対J2リーグのジュビロ磐田のトレーニングマッチが3月28日午前11時から行われ、DAZNで生中継されている。試合は2戦が組まれ、そのうち1試合目が中継される。前半を終えて、小川航基のゴールで先制した磐田が1-0でリードしている。

 リーグ開幕のFC東京戦(●1-3)は4バックを採用した清水だが、今回は状況に応じて5バックになる3-4-2-1をテストしている。

 一方、フベロ体制2年目の磐田は小川航基と三木直土の2トップを採用し、サイドを活用しながら主導権を握っている。

 試合はそれぞれのチームが意図するプレーを展開。そのなかで35分、裏のスペースを突いた小川がGKネト・ヴォルピをかわしてシュートを流し込み、磐田に先制点をもたらしている。

 さらに42分には左サイドに流れた小川のクロスを受けた三木が、DFをかわして左足で決定的なシュートを放ったものの、枠を捉え切れなかった。

 一方、清水は前半終了間際、足がつってしまったファン・ソッコに代わって、清水ユースから昇格した新人のノリエガ・エリックがそのまま最終ラインに入っている。

 試合は1-0で折り返している。

 両チームの先発メンバーは次の通り。

▼清水エスパルス
GK
32 ネト・ヴォルピ
DF
3 ファン・ソッコ
21 奥井 諒
29 福森直
7 六平光成
MF
6 竹内 涼
24 岡崎 慎
20 中村慶太
FW
14 後藤優介
23 ティーラシ・ デーンダー
30 金子翔太

▼ジュビロ磐田
GK
1 八田直樹
DF
3 大井健太郎
13 宮崎智彦
24 小川大貴
33 藤田義明
MF
7 上原力也
23 山本康裕
14 松本昌也
8 大森晃太郎
FW
9 小川航基
19 三木直土

関連記事:有望株、清水ユースのFWノリエガ・エリックがCBに挑戦!

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads