【清水×磐田】新加入の後藤優介ヘッド2発!1得点の小川航基はケガで交代。静岡ダービー1試合目は2-2ドロー

大分から清水に加入。磐田との練習試合で2得点を決めた後藤優介。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

復帰した伊藤洋輝も一発。ラストプレーで金子翔太が決勝点!

 J1リーグの清水エスパルス対J2リーグのジュビロ磐田のトレーニングマッチが3月28日に行われ(2試合=45分×4本)、新型コロナウイルスの感染拡大に伴うリーグ中断に伴う対応で、1試合目が「DAZN」で生中継された。無観客とはいえプライドの激突する「静岡ダービー」は点の取り合いになり、後藤優介の2ゴールと金子翔太の決勝点で清水が3-2の逆転勝利を収めた。磐田は小川後基と伊藤洋輝が得点を決めた。

 リーグ開幕のFC東京戦(●1-3)で4バックを採用した清水だが、今回は状況に応じて5バックになる3-4-2-1をテスト。一方、フベロ体制2年目の磐田は小川航基と三木直土の2トップで、サイドを活用しながら主導権を握った。

 先制は磐田。35分、小川が背後のスペースでパスを受けると、GKネト・ヴォルピをかわしてシュートを流し込み先制点を決めた。

 後半も磐田ペースで試合が進む。ただしターニングポイントになったのが57分からの攻防だ。小川が再び決定的チャンスを迎えたが、GKネト・ヴォルピにファウルでブロックされて止められる。公式戦であればレッドカードが出てもおかしくなかったが(DOGSOの条件は満たしているとも、満たしていないとも言えた)、判定はイエローカードに。

 しかし、このプレーで小川は右大腿部を傷め、テーピングを巻いて一度ピッチに立ったものの、結局、大事をとり59分、山田大記と交代した(DAZNの中継によると、本人は、大丈夫と語っているとのこと)。

 すると清水は65分、右サイドを深くえぐった奥井諒の鋭いクロスを、逆サイドでフリーになった中村慶太が折り返す。そこでフリーになった後藤がダイビングヘッドで叩き込み、1-1に追いつく。

 磐田も反撃する。80分、新加入のルリーニャの右サイドからのクロスに途中出場の伊藤洋輝がフリーでヘッドで合わせて、磐田が再び勝ち越しに成功した。

 しかし、練習試合とはいえ意地が激突する「静岡ダービー」だ。清水も諦めない。

 86分、今度は左サイドを抜け出した竹内涼のクロスに、再び後藤がドンピシャのタイミングで頭に合わせて、2-2に追いつく。

 迎えた90+1分、中央でのパス交換から背後を突いた金子翔太がGKをかわすループシュートを決めて、ラストプレーで3-2の逆転に成功した。

関連記事:【Jリーグ】動員キャパシティ50%以下「人気クラブ」ほど難しい調整を迫られるジレンマに

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads