日本代表のW杯予選、東京五輪代表の試合が中止・延期。森保監督が心境を吐露「金メダル獲得へ次の活動を心待ちにしたい」

E-1東アジア選手権の韓国戦に臨んだ日本代表のイレブン。写真:早草紀子/(C)Noriko HAYAKUSA

3、6月予定だったW杯予選4試合は延期に。

 公益財団法人 日本サッカー協会(JFA)は4月1日、東京オリンピックの2021年への延期に伴い、7月17日にノエビアスタジアム神戸で開催予定だったU-23日本代表の「キリンチャレンジカップ2020」の中止を決定した。U-23日本代表の今後の活動については、決定次第発表する。

 加えて、JFAはタジキスタンサッカー連盟、キルギスサッカ ー連盟とともに、6月開催予定だったカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選(兼AFCアジアカップ中国2023予選)2試合について、試合に関わるすべての方々の健康を最 優先に考え、延期すると決定した。

 アジアサッカー連盟から3月9日付で、3月と6月の国際Aマッチデーに組まれていた同予選について、開催延期を前提に各サッカー協会間で決定するようにという提案を受け、両サッカー連盟と協議を重ねた結果だ。 新たな試合日時は決定後、改めて発表する。

 両チームを率いる森保一監督が次のようにコメントし、心境を吐露している。

「6月に予定されていたFIFAワールドカップ予選の延期が決定しました。

 今、世界に拡大している新型コロナウイルスの感染状況を考えると、この決断は当然と考えています。これからの活動については、どの時期に再開しても、その時に力を発揮できるよう、今できることに全力で取り組み、しかるべき時に向けて準備をしていきたいと考えています。

 そして、東京オリンピックの延期に伴い、大会直前に兵庫で予定していたU-23日本代表のキリンチャレンジカップ2020も中止することになりました。

 東京オリンピックは、2021年7月の開幕が正式に決まりました。今後の活動はSAMURAI BLUE同様、状況を見ての判断になると思います。オリンピック開幕も新型コロナウイルス感染症が収束していることが大前提です。我々が目指す金メダル獲得に向けて、次の活動を心待ちにしながら、選手、スタッフそれぞれが今できることに取り組んでいきます。

 このウイルス感染をこれ以上拡大させないために、みんなが団結するときだと思います。こうした苦境で発揮される日本人の規律を守る心、団結力、組織力を私は信じています」

関連記事:久保アーセナル移籍は信憑性低いゴシップか。欧州の他メディアは反応せず

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads