【横浜FM】渡辺皓太に第一子の男児が誕生「これまで以上に責任感や覚悟を持って家族を守っていきたい」

横浜FMの渡辺皓太。(C)SAKANOWA

昨季東京Vから加入、さっそくリーグ制覇に貢献した21歳。

 横浜F・マリノスは4月8日、渡辺皓太に第一子の男児が前日の7日誕生したと発表した。

 渡辺は 「4月7日に第一子となる長男が産まれました。本当に大変な妊娠生活、 出産を乗り越えてくれた妻、 頑張って産まれてきてくれた息子に感謝の気持ちでいっぱいです。これまで以上に責任感や覚悟を持って家族を守っていきたいと思います」とコメントをしている。

 渡辺は1998年10月18日生まれ、神奈川県出身、21歳。165センチ・61キロ、A型。これまでのキャリアは、F.F.VIGORE/東京ヴェルディジュニア ― 東京V Jrユース ― 東京Vユース ― 東京V ― 横浜FM。出場機会は得られなかったものの、昨年夏にはコパ・アメリカの日本代表にも招集されている。東京オリンピックチームでも中心選手として期待される。

 昨季は東京VでJ2リーグ16試合・1得点・2アシスト、横浜FMでJ1リーグ9試合出場して、J1制覇に貢献している。

 また、政府の緊急事態宣言が発令された同日、横浜FMは新型コロナウイルス感染拡大防止として、トップチームの活動を当面の間休止すると発表した。クラブ事務所は3月1日から在宅を中心とした勤務体系をとってきたが、その業務を継続。アカデミー・スクール活動は、学校の休校に合せて現在活動を休止。トップチーム選手、監督、スタッフをはじめ、クラブの全従業員による、新型コロナウイルス感染拡大防止に努める。活動再開時期については、今後の政府・自治体の要請内容などを考慮して判断する。

関連記事:ジダン監督もテレワーク。久保建英らレンタル組をビデオで徹底追跡

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads