【天皇杯】J1の2チームのみ準決勝から臨む「スーパーシード」。J2とJ3は不参加に

前回大会で優勝したヴィッセル神戸。写真:早草紀子/(C)Noriko HAYAKUSA

J1リーグの上位2チームが出場。

 公益財団法人・日本サッカー協会は4月23日、天皇杯実施委員会にて、第100回天皇杯について、大会方式を大幅に変更して開催する方針を固めた。JリーグからはJ1の2チームのみが参戦し、12月27日の準決勝から臨むという「スーパーシード」が採用される。選定方法は今後決定するが、J2とJ3勢は出場しない(都道府県代表含め)。

 第100回大会はもともと、全国88チームによるノックアウト方式で5月23・24日に開幕する予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため延期を決定。何よりJリーグのレギュラーシーズンの消化を考慮し、今大会に限り、出場を50チームに絞り、7回戦のノックアウト方式とし、9月開幕とする。

 現時点では9月16日(水)に開幕し、1回戦から都道府県代表32チームが、9月23日の2回戦からアマチュアシード(Honda FC)、残りの都道府県代表15チームが出場する。

 Jリーグからは2020シーズンのJ1上位2チームのみが12月27日予定の準決勝から出場する。選定方法は未定。2021年1月1日に決勝が開催される。

 各都道府県の代表決定の対応を考慮した結果、このタイミングでの発表となった。しかし今後、新型コロナウイルスの感染状況によっては、スケジュールなどが変更する場合もある。

◎天皇杯
JFA 第100回全日本サッカー選手権大会 

▼概要
▽▽スケジュール
1回戦
9月16日(水)
※都道府県代表32チーム出場

2回戦
9月23日(水)
※アマチュアシード、都道府県代表15チーム出場

3回戦
10月28日(水)

4回戦
12月12日(土)、13日(日)

準々決勝
12月19日(土)、20日(日)

準決勝
12月27日(日)
※J1リーグ 2チーム出場

決勝 1月1日(金・祝)

大会方式 50チームによるノックアウト方式
・J1リーグ2チーム(2020明治安田生命Jリーグ成績上位2チーム/決定方法は検討中)

・アマチュアシード1チーム(Honda FC/JFL)

・都道府県代表47チーム(所属する第1種加盟チームで、Jクラブを含まない)

※組合せ、会場は決定次第お知らせします。
※AFCチャンピオンズリーグ出場権について
Jクラブが優勝した場合、AFCチャンピオンズリーグ出場権を獲得。 Jリーグ以外のチームが優勝した場合は、AFCクラブライセンス未取得のため、J1クラブに振り替えられます。

関連記事:新潟が倒産危機。是永社長「9、10月にはキャッシュがなくなる」

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads